動物を「使い捨て商品」扱い、愛猫家・塩村さんが批判する「ペット業界」の闇

弁護士ドットコムからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00007417-bengocom-soci


動物を「使い捨て商品」扱い、愛猫家・塩村さんが批判する「ペット業界」の闇

2/12(月) 9:39配信


動物を「使い捨て商品」扱い、愛猫家・塩村さんが批判する「ペット業界」の闇

塩村さんの飼い猫、ちみ太(左)とたまこ



昨年12月に東京地裁で判決が下された、元税理士による「猫虐待事件」以降、動物愛護法の改正をもとめる声が強まっている。動物を虐待したり、遺棄したりする人に対する罰則を強化することを訴えるネット署名活動がおこなわれ、現在まで5万7000筆以上もあつまっている。

前東京都議の塩村文夏さんは「ペット業者の規制を強めるべき」と訴えている。業者規制をしない限り、数字上「殺処分ゼロ」になっても、行政による監視の届かない「闇」での処分がおこなわれてしまうからだという。

塩村さんは、猫2匹を飼う愛猫家。里親になったことがきっかけで、殺処分をなくそうという活動をはじめた。本当の意味で「殺処分ゼロ」を実現するためにはどうすればいいのか、塩村さんに聞いた。(弁護士ドットコムニュース編集部・山下真史)

●里親になったことがきっかけで活動をはじめた

――塩村さんにとって、動物はどういう存在なのか?

私は2匹の猫を飼っています。名前は、たまこ(♀)とちみ太(♂)。犬や猫といいますが、私の大事な家族です。本当の家族よりも過ごす時間が長い。この子たちが人間の言葉を理解できなくても、私には、何を言いたいのかわかるくらい、一緒に過ごしています。

――どういうきっかけで飼うことになったのか?

20代後半の引っ越しです。そのとき、引越し先のマンションは「ペット可」の物件。しかも、たまたま、その近くの商店街に里親会の張り紙がしてあり、かわいい黒猫の写真だったので、すぐに引き取ろうと連絡しました。

ただ、審査は厳しい。里親会の人が何度も家に来て、チェックがありました。独身なので、「結婚してもちゃんと最後まで飼育をしてくれますか?」と聞かれるなど。その後、晴れて里親になりました。そのときにうちに来たのがたまこです。きまぐれな女の子ですが、とってもかわいいんです。

――現在の活動にどうつながるのか?

里親となったことがきっかけで、この子たちのような犬・猫が、年間数十万頭も殺処分されていることを知り、許せなかった。だから、私も「預かりボランティア」となり、その後、「預かりボランティア」の団体で活動して、多くの子を里親さんのもとへ送り出してきました。

ちみ太については、もともと里親さん探しをしていましたが、感染症(虫)にかかってうちに来て、たまこにも移してしまい、入れ替わりで入院しました。そのうち、私のことを母親だと思いはじめているような感じだったので、そのまま引き取ることにしました。

動物は一匹一匹、それぞれキャラクターが違って、愛らしい。感情もしっかりある。殺処分なんてされていいはずがありません。ある日、預かった子がパルボウイルスに感染して、亡くなってしまいました。感染力が強く、パルボが出たら1年は子猫をあずかれない決まり。そのあと、殺処分をなくそうという啓発活動をはじめました。

●現行の動物愛護法には「抜け穴」がある

――動物をめぐる一番の問題は何か?

かわいい動物を「使い捨て商品」として見ているペット業界が一番の問題です。「かわいい家族を迎えませんか?」という謳い文句で、犬や猫を売っていながら、「動物福祉」を推進しようとする前回・今回の法改正で抵抗しています。

「お金儲けの商品」として考えているから、日本の動物愛護や福祉はすすみません。販売している業界の実態がこうですから、そうではない犬猫の福祉の向上も含めて前にすすみにくい状態です。

――犬や猫が闇で処分されている実態とは?

前回の法改正(2012年9月公布・2013年9月施行)で、「動物愛護」についてはかなり前進しました。たとえば、(1)業者の連れてきた犬猫を役所では引き取らない、(2)終生飼養をする――です。しかし、議員立法となり、「動物福祉」を一番にしない主張があり、抜け穴ができてしまいました。

販売の規制があまりにも緩すぎたため、変わらず売れ筋商品として幼齢の犬猫がガラスケースに入れられて販売をされています。目に見えて変わった印象はありません。また、終生飼養をすることを守ろうとすると、売れ残りは繁殖に回されたりします。たとえば、犬の場合、繁殖犬として使える期間は、5年ほどです。その後の犬猫は「どこに行っているのか」「どんな環境で飼育をされているのか」など、まったくわかりません。考えただけでも恐ろしいことです。

その一例が、2015年に栃木県であった大量遺棄事件です。繁殖の役目を終えた犬たちが、どこかへ運ばれる途中で死んでしまい、遺棄された事件です。よかれ思ってした法改正が、抜け穴を作ってしまった。そのために、こんな新たなビジネスを生み出した。そして、多くの命を闇に送ってしまったのです。

これまでも闇処分はあったかもしれませんが、明らかに法改正後に「終生飼養」に困った業者がこうしたビジネスに頼っています。

●「ビジネスモデル」を変えない限り「殺処分ゼロ」にならない

――人間と動物との共生のためには何が必要か?

先ほど述べた状況を変えるためには、まず「業界の体質」にメスをいれる必要があります。「飼養施設基準」+「8週齢規制」のセットがないと、ペットショップのガラスケースに子犬や子猫が並べて販売されている異常な状態が変わりません。つまり、「大量生産・大量販売・大量処分」のビジネスモデルを変えない限り、真の「殺処分ゼロ」にはなりません。

(編集部注)現行は「7週齢規制」。つまり、生まれて7週間経たないと、親元から子犬、子猫を引き離してはならない、というもの。動物福祉先進国では8週齢が導入されている。昨今では8週齢を超える生後60日以降(犬)、13週齢以降が望ましいとされる研究結果も出ている(イタリアミラノ大2011、フィンランドヘルシンキ大学2017)。

――罰則を強化すべきという意見についてはどう考えるか?

前回の改正で、かなり厳しくなっています。しかし、しっかりと適用されていないことが問題なのです。まずは、運用を厳しくすること。これは当然のことです。世論に後押しされて、行政側も少しずつ運用を強めてきています。そのうえで、さらなる厳罰化には賛同します。

また、日本には、虐待時やネグレクト時に助けようと思っても、その権利が一切なく、仕組みもありません。こうした措置を取れるようにすることが大事でしょう。たとえば、(a)行政による緊急一時保護ができるようにする、(b)問題ある飼い主(殺傷・虐待・不適切飼養・遺棄)が二度と飼養できないようにする、(c)虐待の定義を定めて、虐待の判断をしやすくする――です。


スポンサーサイト

ケージ3段重ね、急ぐ出荷、衛生には配慮… 犬の繁殖業者の現実

規制強化、ブリーダーの免許制など必要ですね。



朝日新聞sippoからです。リンクよりどうぞ。


ケージ3段重ね、急ぐ出荷、衛生には配慮… 犬の繁殖業者の現実

https://sippolife.jp/article/2018013100001.html


幼い犬猫、販売禁止延長を 著名人らが環境相に要望

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/life/news/180117/lif1801170066-n1.html

幼い犬猫、販売禁止延長を 著名人らが環境相に要望

2018.1.17 19:17更新


中川環境相(中央)に要望書を手渡す料理研究家の藤野真紀子さん(右)ら=17日午後、環境省

中川環境相(中央)に要望書を手渡す料理研究家の藤野真紀子さん(右)ら=17日午後、環境省



ペットショップで販売される犬や猫が幼すぎると成育に悪影響を及ぼすとして、「東京を動物福祉先進都市に」と訴える著名人らのグループが17日、販売禁止期間を欧米並みの生後8週間に延ばすよう求める要望書を、中川雅治環境相に手渡した。


 グループは、キャスターの安藤優子さんや元プロ野球選手の門倉健さんらが呼び掛け人となり、動物愛護活動「TOKYO ZEROキャンペーン」を展開している。


 要望書では、犬や猫は親離れ時期が早過ぎると、将来的にかみ癖が出たり、免疫力が低下したりしかねないと指摘。消費者に衝動買いも促し、安易な飼育放棄につながっていると訴えている。

 親離れ禁止期間は日本では動物愛護法で49日と規定。要望書では米国、英国、ドイツ、フランスなどでは科学的知見やブリーダーの経験を勘案し規制を8週間としているとして、欧米の基準に合わせるよう求めている。


【動画】「実録!犯罪列島2017冬」 追跡3年…チワワ密売男逮捕の瞬間に密着

見逃していましたガーン

昨日放送された、どうぶつ虐待Gメンの動画です。お早めにどうぞ…



冒頭です。



悪者は絶対許さない! 2017年12月27日 171227 実録!犯罪列島2017冬






以下、LIAさんからです。


【実録!犯罪列島2017冬★LIA追跡3年…チワワ密売男逮捕の瞬間に密着

http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1902944.html


チワワ密売逮捕


●全国TBS系列 ※一部放送されない地域がございます。
●12月27日(水)よる7時から
●番組公式サイト 
http://www.tbs.co.jp/tv/20171227_73EB.html



LIA支援者の皆様いつも具体的なご支援を頂きまして誠にありがとうございます。皆様からのご寄付と物資によって活動が支えられております。


さて、12月27日よる7時から全国TBS系列にて「実録!犯罪列島2017冬」が放送されますが、その中でLIAが長い間ボランティアの皆さんに協力を頂きながら調査・追跡してまいりました「チワワ密売男」が逮捕される瞬間のようすが放送される事になりました。


LIA活動の軸は「環境犯罪」と「どうぶつ犯罪」の摘発と、人間社会の暗部や闇の中で起きている「環境問題」と「どうぶつ達の倫理的な問題」を表面化させ、その解決に向けて動く事が主となっております。


そんな中、このような番組が放送される事により、どうぶつ問題や環境問題が世の中に知らされ、1日でも早い改善・解決に繋がって行くとすればとても嬉しい限りでございます。


また、LIAの犯罪調査や潜入調査は常に極秘で進められている為、支援者の皆様方であっても、その全貌をお伝えし、またお見せする事が難しい状況です。ですから、LIAの潜入調査に密着してくださり、そのようすを放送してくださるテレビクルーに感謝申し上げると共に、いつもLIAの表面的には見えない活動を信じて、黙って温かく支援し続けてくださっている支援者の皆様方に感謝と報告の機会の一端になりますと幸いです。いつもありがとうございます。
LIAメンバー一同



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



以下もLIAさんより。


どうぶつ虐待Gメン チワワ密売男から保護したチワワ達のその後

http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1903066.html


LIAが2013年から調査・刑事告発し、一度摘発したチワワ密売男でしたが、検察が「不起訴」にしてしまった為、何の罪にも問われず、再び、チワワの密売を繰り返しておりました。
そこでLIAでは、更なる犯行の瞬間を押さえ、再度、刑事告発し、摘発しました。
その時の放送はこちらです。↓↓↓↓↓




↑この番組の中で保護したチワワ達については、こちらをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1841726.html


しかし密売男は、警察の任意の事情聴取に応じない為、2017年10月11日に警視庁練馬警察署の刑事さんに逮捕されました。(※そのようすは2017年12月27日よる7時から放送されました。)


その際、自宅内で再び繁殖させ・販売していたために、以前とは違うチワワ2頭を飼育しておりました。そのチワワ達も無事に警視庁練馬警察署が押収保護してくださいました。その後、警察とLIAとの協議の結果、「委託保管」の手続きをおこない、11月30日にLIAで保護し、長野県内のLIAの保護施設まで電車で搬送しました。



IMG_20171130_115409
IMG_20171130_113600
IMG_20171130_113553


LIAの保護施設についてから、大量に絡まっていた毛玉を切り、耳の中を掃除し、伸び切っていたツメを切りました。


IMG_20171201_122312
IMG_20171201_122335
IMG_20171130_163204


はじめのうちは、恐怖から咬み付く素振りなども見せておりましたが、現在では、お腹を見せて「撫ぜて撫ぜて」とせがむようになり、とても懐こくなりました事をご報告いたします。


PC031656


支援者様がこの子を「マカ」と名付けてくださいました。


IMG_20171227_110345


別の支援者様がこの子を「フィフィ」と名付けてくださいました。

2頭とも、他の保護犬や保護猫や保護鳥たちと一緒に仲良く毎日を過ごしながら、里親さんが迎えに来てくれるのを待っています。

懐っこくなった2頭の動画はこちらです。↓↓↓↓↓





【LIAで保護しているどうぶつ達への医療費、フード代、その他の活動費、交通費などのご支援は、下記をご覧いただけますと幸いです。】

 http://ngo-lia.org/jp_charity.html



不衛生環境で動物飼育の疑い、取扱業男性の不起訴不当 大田原検察審が議決

いわゆる「引き取り屋」事件の続報です。



下野新聞からです。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20171205/2895580


不衛生環境で動物飼育の疑い、取扱業男性の不起訴不当 大田原検察審が議決

12月5日 朝刊


犬猫を劣悪な環境で飼育し虐待したとして、動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検された矢板市、動物取扱業男性(62)を宇都宮地検が不起訴とした処分について、大田原検察審査会は4日までに、不起訴不当と議決した。11月27日付。地検が再捜査し、改めて処分を判断する。


 議決文などによると、男性は2015年12月10日~16年2月1日、矢板市内の飼養施設で、犬10頭と猫5匹について、清掃やふん尿の処理などの管理を十分にせず病気にさせ虐待した疑いが持たれていた。


 同審査会は議決理由で「排せつ物の堆積状況などから不衛生な環境で飼養していた」と指摘。保護された動物が病気になっていたのは、獣医師の供述から「施設が衛生的な環境になく、必要な治療が施されていなかったことが原因」とした。


 男性は同法違反と狂犬病予防法違反(未登録・予防接種未接種)の疑いで書類送検され、狂犬病予防法違反罪については大田原区検が7月、略式起訴し、大田原簡裁が罰金10万円の略式命令を出した。



~転載以上~



★関連記事


犬猫「引き取り屋」事件、不起訴は不当 検察審査会が議決(朝日新聞sippo)


犬猫の「引き取り屋」事件 虐待容疑は不起訴に疑問(朝日新聞sippo)


署名のお願い!~栃木県 引取り屋の不起訴処分について検察審査会へ申し立て~


プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR