犬猫の殺処分0へ、宮本亜門さん「生体販売禁止」訴え

オルタナからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00010000-alterna-soci


犬猫の殺処分0へ、宮本亜門さん「生体販売禁止」訴え

10/11(水) 13:19配信



約450匹。これは平日に日本で殺処分される犬猫の数だ。人とペットはどのようにすれば共生できるのか。殺処分ゼロを目指すTOKYO ZEROキャンペーン呼びかけ人の宮本亜門さんは、「生体販売をやめてほしい」とペットショップに訴える。(聞き手・池田 真隆=オルタナS編集長)


――英国やドイツなどヨーロッパでは、ペットを飼うとき、ブリーダーや保護施設から引き取ることが一般的です。ですが、日本では生後間もない犬猫がペットショップで売られています。

日本はモノで溢れた便利な国ですが、使い捨てを繰り返す残念な先進国でもあります。使い捨てが当たり前になり、命あるペットも、まるでモノとして扱うようになってしまいました。

店頭で蛍光灯に照らされている犬の光景など、海外では見たことがありません。ペットショップの存在が悪いわけではなく、生体販売だけやめてほしいです。

ペットを手軽に購入できるようになるほど、大量に生産するようになります。その結果、大量破棄につながってしまう。先進国として大変恥ずべきことだと思います。「かわいい」からと、ノリで購入することを避けなければいけません。

――生体販売をなくして、ペットショップにはどのようなことを望みますか。

ペットショップに犬猫がいることは悪いことではないと思います。ただ売らないでほしい。保護施設に同じような犬がいますよとビデオか写真で見せてあげて、里親探しを手伝ってあげればいい。そして、ペットを飼うことの楽しさだけでなく、難しさも伝えてほしい。そうすれば、すごく素敵なペットショップができるはず。

震災や豪雨などの災害で被災犬も増えています。一匹でも殺されないために、蛇口の元から直していくことが大切です。

――宮本さんはこれまでに捨て犬や保護施設から引き取った犬を飼われています。

最初に飼ったのは、沖縄県で見つけた子犬でした。当時、映画「BEAT」の撮影中で、撮影隊と、人が行かないような崖に行ったとき、口を針金で結わえられて、カゴの上には石が置かれた状態で捨てられていた子犬がいたんです。

その子犬を引き取り、映画にちなんでビートと名付けました。慶応義塾大学でドッグ部を創設するほど犬好きだった父と育て、10歳で天国に旅立ちました。いまは、沖縄の保護施設から引き取った2代目ビートを飼っています。

どちらも沖縄で生まれたのですが、海で泳ぐことは苦手です。でも、ぼくがリフレッシュするために海に浮かんでいると、泳げないのに、流されていると思い込み、犬かきして必死に探しにきてくれます。

一度捨てられているからでしょうか。その目は、「もう捨てないで」と訴えているように思えました。

――TOKYO ZEROキャンペーンでは、東京オリンピック・パラリンピックが開催する2020年までに東京での犬猫の殺処分ゼロを目指しています。この目標を実現するために若者には何ができるでしょうか。

動物保護施設を訪問したとき、そこで働く職員が発した言葉が脳裏に焼き付いています。その人は、タバコを吸いながら一人うつむきながら休憩していて、近づくと、「本当はこんなことしたくないんだ」と胸の内を明かしてくれました。

保護施設が悪いわけでも、ペットショップの存在が悪いわけでもないと考えています。何度も言いますが、生体販売だけはやめてほしい。

若い人には殺処分の現場をちゃんと見て、その上でペットの飼い主になる意味を自分の頭で考えてほしいです。この日本のペット問題を変えていくために、若い人の意識変革が必要です。

ペットの飼い主が増えることは良いことです。どんどん飼ってほしい。ただ、ペットショップでは購入しないでほしいと切に願います。


TOKYO ZEROキャンペーンでは、東京を動物福祉先進都市にするために3つの取り組みを行っている。

一つは、「8週齢規制」の早期実現。生後8週間(56日)にも満たない子犬が平然と売られているが、幼すぎる子犬を生まれた環境から引き離すと、精神的外傷を負う可能性が高い。無駄ぼえや無駄がみなどの問題行動を起こしやすくなり、飼い主の飼育放棄へとつながってしまう。

二つ目は、動物愛護センターを「ティアハイム」的施設へすること。動物愛護センターに引き取られた犬猫は劣悪な環境で、殺処分までの時期を過ごすことが多いが、施設を改修し、一般の人が気軽に訪ねられる立地や建物に変えることを目指している。

最後の三つ目は、譲渡率の向上。2012年度の殺処分率は77.33%にも及び、現在も平日は一日で約450匹が殺処分されていることから、保護犬や保護猫と里親のマッチングを促進していく。

これら3つの取り組みを実現するために、オンラインでの署名活動を展開している。署名の提出先は、小池百合子・東京都知事や環境相。現在、10万人以上がこのキャンペーンに賛同している。



~転載以上~



★参考過去記事


【動画】BS日テレ「深層NEWS」 宮本亜門氏「不幸な犬や猫がいない社会を」


スポンサーサイト

【署名】千葉県の動物虐待を繰り返すペットサロンを営業停止に!!営業許可の剥奪を!!

めー子さんより。
https://ameblo.jp/yayamin/entry-12318331919.html




厚生労働省

千葉県知事 あて

千葉県の動物虐待を繰り返すペットサロンを営業停止に!!営業許可の剥奪を!!

署名:https://goo.gl/C95cNs

 

日常的に動物虐待を繰り返すPet salonぐるぐる(千葉県市川市相之川4丁目13-5)

元従業員の勇気ある内部告発で実態が明らかになりました。
【関連リンク】【虐待店】ペットサロンぐるぐる(千葉県市川市相之川)

【殴る・蹴る・絞めるなどの暴行】

  • 「カットしやすい」と、イヤイヤが多い噛み癖や吠え癖のある子は暴行し、ぐったりさせた上でトリミング
  • 和犬は「最初が肝心」と必ず暴行
  • ペットホテルではケージ内で粗相をした子に暴行(しかも、オシッコの回数を減らしたいがために水分を殆ど与えない)

【皮膚トラブルの続出】

  • 規定以上に希釈し、ろくに濯がないシャンプー・リンス
  • お湯やタブレットを使い回しするマイクロバブルバス・炭酸浴
  • 一日中使いまわしのタオル

【劣悪な環境】

  • 電気代を浮かせたいのか空調を効かせない(従業員ですら夏場は汗疹に悩まされ、冬場はダウンジャケットを着用してのトリミング)
  • 夏場は店内が暑くなるため自動ドアにも関わらず開け放し(店周辺の交通量が多くドアの開け放しは危険。実際にそこから脱走した子も)
  • ペットホテルでは狭いケージに押し込め、暑い夏場や寒い冬場でも空調を入れずに置き去り
  • ペットホテルで、飼い主の用意したフードは店や経営者の犬に与えてしまい、お客様の犬にはサンプルフードのみ
  • フードを食べない子はそのまま放置

このほか【関連リンク】元従業員のTwitterから、かなり悪質であることが分かります。けれども、保健所をはじめ行政の動きは鈍く、未だに営業を続けています。

今も新たな被害者が出ています!

経営者TとSの2人の嘘を信じて今現在もぐるぐるに通い続けているお客様の大切な犬ちゃんや猫ちゃん達を守るためにも、また、店の実態を知らずにトリミングやペットホテルの利用によって新たな虐待の被害者を増やさないためにも、Pet salonぐるぐるに対して営業許可(第一種動物取扱業登録証)の剥奪を求めます。すべての動物虐待の被害がなくなる事を願い是非ともご協力をお願いします。



犬猫の「引き取り屋」事件 虐待容疑は不起訴に疑問

朝日新聞 sippoからです。リンクよりどうぞ。


犬猫の「引き取り屋」事件 虐待容疑は不起訴に疑問

https://sippolife.jp/column/2017091500005.html


ペット業界の「犬が減っている」という主張は本当か 犬猫2万5千匹が死ぬペット流通

ヤフーニュースから、ペット流通の問題を伝え続ける太田記者の記事です。リンクよりどうぞ。


ペット業界の「犬が減っている」という主張は本当か 犬猫2万5千匹が死ぬペット流通

https://news.yahoo.co.jp/byline/ohtamasahiko/20170921-00076032/


「猫カフェ」元経営者 ネコ虐待の疑いで書類送検

KKB鹿児島放送からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00010001-kkbv-l46


「猫カフェ」元経営者 ネコ虐待の疑いで書類送検

9/14(木) 19:38配信


飼っていた17匹のネコにエサや水を与えず虐待したとして、警察は鹿児島市で「ネコカフェ」を経営していた男性を動物愛護管理法違反の疑いで鹿児島地方検察庁に書類送検しました。

 警察によりますと、元経営者の男性(40)は今年6月ごろ、鹿児島市東谷山にある猫カフェ「にゃんCafe猫之坊」で、飼っていたネコ17匹を放置し不衛生な環境のなか餌や水を与えず虐待した疑いです。
鹿児島市の保健所が6月に調査したところ、子ネコを含む4匹が死んでいるのが確認されました。
保健所からの情報提供を受け警察が捜査したところ男性が自ら出頭し、調べに対し容疑を認めているということです。

 動物愛護管理法では愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えず衰弱させるなどの虐待を行ったと認められた場合、100万円以下の罰金が科せられます。

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR