【閲覧注意】生放送で飼い犬への虐待を流した男の実態...知れば知るほど許しがたい

ツナヨシから転載です。

http://tsunayoshi.tokyo/c/15e2a78727bfd3e97696624cfe75c96e386cb43c


【閲覧注意】生放送で飼い犬への虐待を流した男の実態...知れば知るほど許しがたい

2017年1月31日 更新


犬は大切な家族なはず。それなのに飼い犬を殴ったり蹴ったり、怒声を浴びせ、虐待行為を続ける人間がこの日本のどこかで暮らしています。しかも、虐待する様子を『ニコニコ生放送』で配信したというのですから、日本で何が起きているのか、皆様に事実をお伝えしないわけにはいきません。特に、日本という身近な話だけに、犬好きの私たちにはかなり悲しく辛い場面描写がありますので、記事の閲覧にはどうかご留意のほどお願いします。



問題の男は虐待映像を生放送した

引用の出典元:www.youtube.com


問題の虐待男の存在は、Tsunayoshi読者である女性からの情報提供により知る所となりました。彼女は、涙と吐き気で最後まで映像を見ることはできなかったと言います。

2015年、この男は『ニコニコ生放送』というリアルタイムで映像を配信できるサイトに、自らの飼い犬を虐待する映像を生放送したのです。

既にこの段階で異常な行為であることは間違いありません。ニコニコ生放送のサイトには、まだこの男の虐待動画が存在していました。他のユーザーが再アップしているようです。

さらに『
Youtube 』にも複数件、男の動画がアップされています。

『陰気大国日本代表』と書かれた男性の年齢は46歳。自分の不満を飼い犬にぶつけるとは、まったくもって信じられない限りです。

あまりにも身勝手で残酷な虐待行為

引用の出典元:www.youtube.com


"部長"と名付けたフレンチブルドッグと思われる飼い犬を、延々と虐待し続ける男の虐待行為は想像以上でした。

ソファでビールを飲みながらエサをちらつかせて犬を呼びつけ、そばに寄ってきたとたん頭を叩くのです。さらには、犬の口元を何度も何度も手の甲で叩きました。

しかし、その動画を撮影しているのでしょうか、女性の引きつったような笑い声がします。「普通にあげてよ!!」と。女性はこの男の異常な行動を止めることができない様子です。

それだけではありません。一口だけ餌を与えたと思ったら、無理やり犬の両脇を引っ張って自分の膝に乗せようとします。

「来いったら来るんだよ、馬鹿!コノヤロー、向こう行け!」と犬の頭を何度も平手で叩きます。飼い主の呼びかけに素直に寄ってきた犬に対して、こんな残酷なことをするなんてあり得ません。

さらには、犬の頭を何度もライターで小突き、足蹴りをしたあとに、とんでもない行動に及ぶのです。

ニコ生内でも非難の声が殺到する

引用の出典元:www.youtube.com


男は、「何をワンワン鳴いてたんだよ、今日はUFOキャッチャーの刑だ!」と犬の背中の肉を両手で掴んで持ち上げ、「ドーン」と言いながら自らのPC用の椅子に落としました。

ニコ生配信を見ているリスナーからも、男の虐待行為をやめるようコメントが殺到し続けます。

・手あげてもなんの解決もしないぞ
・おびえてるぞ
・まじでやめてやれよ
・何もしてないやん!いじめるんだったら、飼うなよ!
・許してもらおうと必死じゃん
・通報しました

男はそうした声に耳を貸すことなく、犬にさんざん罵声を浴びせた後、今度は急に態度を一変させ「仲良くしよ、もういじめないから、おいで」と、またもや怯える犬を呼びつけるのでした。

問題の動画はこちらです。





引用の出典元:www.youtube.com


動物虐待をネット上で見かけたら警察に通報すべし

引用の出典元:www.pakutaso.com


男の異常な虐待を受け続ける犬は、飼い主をじっと見上げて悲しい顔をしていました。しかし、まったく攻撃性を見せることもなく、ひたすら我慢しているだけです。無抵抗の犬の姿には胸が締め付けられます。

男が動物虐待で逮捕されたかどうかを調べていくと、様々な情報を得ることができました。

過去には殺人未遂や強制わいせつ致傷などにより複数回の逮捕歴や実刑を下されていること、ニコ生で殺人予告をするなど、かなりのクズぶりが露呈しました。

この動画配信が今生放送されているのであれば即時通報したかったです。2015年の配信当時に、勇気を出して当局に通報した人も複数人いたことをお伝えしておきます。

しかし、その通報により男が動物虐待の罪に問われた、という情報は残念ながら得ることはできませんでした。

また、当時この情報を得た
『探偵Watch』 サイトによると、男が過去に公開していた、一般社団法人ジャパンケネルクラブの「犬舎名登録証明書」を元に、問い合わせを入れたそうです。

ジャパンケネルクラブの担当者は動画の内容を確認し「ショッキングな内容だった」と述べ、対処を検討する、と同サイト内に記載されていました。


alt="">
引用の出典元:www.photo-ac.com



虐待動画の生放送が配信されてから2年が経とうとしています。この男の処遇や虐待を受け続ける可哀想な犬がどうなったのか、これ以上の情報を得ることはできませんでしたが、こうした異常性を持つ人間が、犬を飼う資格などあるわけがありません。

しかし、現状、あらかじめ犬の飼い主となる人間の資質を調べることはなく、虐待が起きてしまってからの対処しかありません。

もし、身の回りでこうした動物虐待があったらどうすれば良いのでしょうか。

動物虐待や遺棄は
「動物の愛護及び管理に関する法律/第5章罰則/第27条」 により、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

犯罪に該当する行為を発見し実際に通報する場合は、以下を参考にしてください。そして、今回のように同居する人間が動物虐待を止めずに困っているご家族の方がいたら、勇気を持って行動してほしいと思います。


殺傷・殴る・蹴るなどの虐待や遺棄、SNSなどの虐待動画・画像に関しましては、警察へ通報してください。

また、餌や水を与えない・世話をしない等の不適切飼育や、糞尿などによる公衆衛生上の問題がある場合は各自治体の保健所や衛生課、または動物愛護センターへ通報してください。

出典:動物相談 | 公益社団法人日本動物福祉協会


動物虐待は犯罪です。こうした虐待行為をストップするために、虐待を行った人間は犯罪者になることを、もっと世間に広めなければいけないでしょう。

すべての犬や動物たちが笑顔で輝いて生きていけるその日が来るまで、私たち一人ひとりにできる限りのことを尽くし、彼らの幸せを応援していきましょう!!



~転載以上~



パトカー関連リンク


インターネット・ホットラインセンター


警察庁サイバー犯罪対策


都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧


兵庫県警察 アニマルポリス・ホットライン(動物虐待事案等専用相談電話)


通報しよう!そうしよう!


スポンサーサイト

犬と人の絆を描く感動の映画での虐待問題

昨日お伝えした、犬と人との絆を描いた映画での虐待問題について、ひかたまさんが過去の映画作品における事例も交えてまとめてくださっています。



ひかたまさんからです。

http://shindenforest.blog.jp/archives/68571240.html



犬の視点から見た物語の映画化
「A Dog's Purpose」
が今月27日から米国で公開されます。

dogYoutube

原作は
ベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」。
ダウンロードAmazonco.jp



一匹の犬が
数回の転生を繰り返す中で、
過去生での飼い主と再会し
生きる目的を探究していくお話です。


とても感動的な話なのですが、

映画の撮影時の主演の犬を
虐待ともいえる状態で撮影していた動画が公表されました。


ニュスサイトTMZが入手した
動画には
問題のシーンが写っています。

カナダ・ウィニペグの屋外プールで撮影されたシーンでのこと。

8艘のボートのモーターを作動させて
プールに強い水流を作り出して
その中に犬が飛び込む撮影です。

doggtmz.com


すごい勢いの水流に
犬は
怖がり
必死に抵抗しますが
スタッフによって無理やり首輪を捕まれて水に入れられてしまいます。
周囲の撮影スタッフたちは
笑い声を上げているようです。

その後、
撮影は直ちにカットされ、
ハンドラーは犬の救出したようですが。

映画の趣旨と
撮影風景とはあまりに違っていたようです。

この動画の流出によって
プレミア試写会は中止。

「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は
映画を見ないようにと
呼びかける事態となりました。


dogsadogspurposemovie.com





昔は多くの映画で
動物たちは犠牲になってきました。




撮影中に動物たちが不慮のケガを負ったり、
無理なダイエットのために飢餓状態にしたり

撮影後に用が無くなった動物への虐待も知られています。

演出のために虐待にあったり、
死んでしまうという事件も起こります。




例えば、
「ベン・ハー」という映画。
この映画の撮影では約100頭もの馬の命を犠牲にしています。

Chariot_Race_Ben-HurWikipedia


「ナルニア国物語」では、
映画のクレジットに「動物を傷つけていません」
“No Animals Were Harmed”と表示されています。

でも、
実際には馬にケガさせていることが報告されています。

「ホビット 思いがけない冒険」
子供向けのファンタジー映画ですが、27頭の動物が撮影中に死んでいます。


「ライフ·オブ·パイ」の撮影では、
トラが水槽の中でおぼれかけた事実があったことがバレてしまいました。


この事実は、当初現場にいた人間以外には秘密にされ、
制作会社にも報告しませんでしたが、
口止めが書かれたメールが動物愛護団体に送られて、発覚しました。

「スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険」では、
犬を撮影用の提供する業者が、健康を偽って提供したため、
5匹の仔犬が撮影中に死亡しました。


日本でも、
猫虐待映画として有名になってしまった
「子猫物語」などがあります。




でも、
現在ではCGによって
一匹の命も犠牲にしない映画も多くなってきました。




以下は
ひかたまの過去記事「動物を犠牲にしない映画」からの抜粋です。

ノア:約束の舟
この映画には、とてもたくさんの動物たちが出てきます。
動物を縁起を強いないということから
そのほとんどがCGになりました。
ただ、残念なことに映画の内容には、
人と人との間にちょっと残酷な面がありました。

158143_01パラマウント映画
 

猿の惑星:創世記ジェネシス
この映画では、たくさんの類人猿が出てきます。
すべてコンピューターを使ったモーションキャプチャー技術を使用しています。

この作品のテーマは、
動物に対する人間の非人道的扱いであったため、

撮影には生きた動物は使わないで行われました。
155930_0220世紀フォックス
 
パーフェクト・ストーム
この映画では、
魚一匹でも傷つけないとの確固たる方針で撮影された映画です。

魚が出てくるシーンでは
本物の代用として、
アニマトロニクス(ロボットとCGの組み合わせ)やゴム製品の魚を使用しました。


perfectstormdvdcoverワーナー・ブラザーズ


砂漠でサーモン・フィッシング

これも釣りには偽物の魚を使っています。
063d7ea0BBCフィルムズ


キングコング

これはゴリラの動きを元にCG化したのは、もちろんのこと、
映画の初めのシーンに出てくる動物たちは、
動物園の動物で、
その飼育場所での自然な動きを撮影して、
背景を合成しています。

060605-1ユニバーサル・ピクチャーズ/UIP映画


だれもがクジラを愛してる

1988年に実際に起きたクジラ救出作戦に元づいた映画。
ここに出てくるクジラは、
アニマトロニック(ロボット+CG)。


それに実際の当時の記録映像を合わせています。

big-miracleユニバーサル・ピクチャーズ


こういった気配りは、嬉しいものです。



この物質世界も、
愛と知性を持つ神の意思の力の演出により
仮想粒子で作られた
実在世界を投影する映画のようなもの
です。

私たちの物質世界のあらゆるものは、
仮想粒子(一瞬物質化する素粒子)が意思の力で集合し、
電気的平衡状態を保ちながら
物質として表現されています。


それは、
映画が
スクリーンに点滅するコマ映像を投影することで、

あたかも本物のように映像化することが出来るのと
とても似ています。


つまり、
私たちの物質世界での人生も、
映画も同じ。


その中で、
すべての生き物に優しい気配りができるかどうかは、
私たち次第です。



~転載以上~



最近では、ディズニー映画「ジャングルブック」も動物フリーな映画として愛護団体に推薦されていましたね。同作品には、CGによってリアルに再現された70種類を超える動物が「出演」。本物の動物を一切使用しない動物にやさしい映画です。

http://www.peta.org/blog/no-bears-necessary-new-jungle-book/




人間の娯楽のために、罪のない動物たちが苦痛や犠牲を強いられることがないよう、こうした配慮が浸透してほしいと思います。



「動物撲殺」画像、高校生が投稿…学校に抗議も

読売新聞からです。(※会員登録で全文読めます)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161218-OYT1T50142.html


「動物撲殺」画像、高校生が投稿…学校に抗議も

2016年12月19日 07時16分


佐賀県内の県立高校の男子生徒が、動物の死骸の画像と「動物を撲殺した」との書き込みをツイッターに投稿し、同校に抗議の電話が寄せられていたことがわかった。


画像や書き込みは現在、削除されている。校長は「多くの人に不快感を抱かせる投稿は不適切。しっかり指導したい」としている。


 同校によると、生徒は17日、血を流して死んだ動物の画像と、「バットでフルスイングしてぶち殺してやった」との書き込みをツイッターに投稿した。画像などはその後、インターネット上の掲示板に転載され、批判する書き込みが殺到。生徒がツイッターのプロフィルに学校名を載せていたため、抗議の電話が同校に相次いで寄せられたという。


同校が18日に事情を聞いたところ、生徒は「動物はアナグマ。7月頃に自宅の花壇などを荒らされたため、棒で2回たたいたら死んだ。こんな騒ぎになるとは思わなかった」などと説明したという。



~転載以上~



なんとひどいことをするのでしょう。胸が締め付けられます…

何を教わって生きてきたのか、今後どんな大人になるのか…


「多くの人に不快感を抱かせる投稿」が不適切なのではなく、男子生徒の行為が人として、大いに問題なのです。


二度とこのようなことを繰り返さないよう、しっかりと調査、指導していただきたいです。


別のニュースによると、高校は朝から全校集会を開き、SNSの使い方を注意したそうですが、そこですか…。畑が荒らされ、自治体に駆除を申請していたとのこと。迷惑を被っていたのだからいいということなのか。。



猫の首に結束バンド巻き付け、頭を足蹴に 容疑で男を追送致 福岡県警早良署

西日本新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00010007-nishinp-soci


猫の首に結束バンド巻き付け、頭を足蹴に 容疑で男を追送致 福岡県警早良署

11/29(火) 17:57配信


福岡県警早良署は29日、福岡市早良区の無職男(34)を、動物の愛護および管理に関する法律違反容疑で福岡地検に追送致した。同署によると、男は11日、同区内の河川敷で、猫の首に結束バンドを巻き付けて地面に垂らすようにしたほか、猫の頭を数回足で蹴って傷つけた疑い。男は同日、銃刀法違反容疑の現行犯で逮捕されている。


~転載以上~



★関連記事 朝日新聞(こちらに詳しく書かれています)


野良猫を結束バンドでつるし虐待容疑 男を書類送検


※動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検だそうです。


猫の糞尿に迷惑し、嫌いだったと言っているそうで、「野良猫を3匹殺した」とも供述しているということです。許しがたい。。


路上のウインナーソーセージから毒物検出、食べた犬死亡 和歌山市

産経新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000537-san-soci


路上のウインナーソーセージから毒物検出、食べた犬死亡 和歌山市

11/18(金) 13:15配信


和歌山市は18日、散歩中の飼い犬が路上に落ちていたウインナーソーセージを食べて死に、ソーセージから劇物のメソミルが検出されたと発表した。市は和歌山県警和歌山東署に通報するとともに、ペットの飼い主らに向けて注意を呼びかけている。

和歌山市生活保健課によると、11日に市内の獣医師から「落ちていたウインナーソーセージを食べた犬が運ばれてきて死んだ」と連絡があった。残っていたソーセージを調べたところ、主に農薬に使われるメソミルが検出されたという。

メソミルは劇物に指定されており、登録された販売者しか販売できず、購入する際にも身分証明書などが必要という。


プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR