リタイア競走馬も天寿全うしてほしい・・・殺処分は悲しいと調教師がセカンドライフ支援

TBSの情報番組「ビビット」で、角居調教師の取り組みが取り上げられました。

 

JCASTテレビウォッチからです。

https://www.j-cast.com/tv/2018/06/14331337.html

 

リタイア競走馬も天寿全うしてほしい・・・殺処分は悲しいと調教師がセカンドライフ支援

 

華やかな優勝馬の陰で、成績不振やけがなどで年間5000頭の競争馬が引退している。繁殖用の馬などになって天寿を全うできるのはほんの一握りで、多くは殺処分される、そんな現状を変えようという取り組みが動き始めている。

 

   引退した馬のセカンドライフを支援する「サンクスホースプロジェクト」は、リタイアした競走馬を再調教して、乗馬クラブや大学の馬術部などとつないでいる。2007年に牝馬として初めて日本ダービー馬となったウオッカなど、数々の名馬を育ててきた調教師の角居勝彦さん(54)が立ち上げた。

 

   角居さんが調教師になりたてのころ、放牧場で足を折った馬が殺処分された出来事が原点だ。「馬たちの行く末を心配したとき、この立場だからこそやることがあるのではないか」とずっと考えていた。調教師として活躍させてもらった「馬への恩返し」として活動を始めた。

悩みの種は再調教費用―1頭毎月20万円

tv_20180614123622.jpg
 

   岡山県のトレーニング施設で引退馬を預かり、一般的な乗馬の動きを教える。その後、オークションにかけて新たな馬主のもとへと送り届ける。再調教には半年以上の期間がかかるうえ、費用もかさむ。エサ代や寝床に敷くワラ代、トレーニング費用は1頭あたり月に20万円以上かかる。角居調教師は費用を工面するため、引退した競走馬のファンクラブを作ったり、自治体と連携してふるさと納税を活用したりする仕組みも作った。

 

   人気ジョッキーのサイン入りゼッケンも、オークションにかけるなどして資金源になっている。先月(2018年5月)の日本ダービーを制した福永祐一騎手も、「引退後の行き先は現場の人間としても深く掘り下げられないアンタッチャブルな部分ではありました。幸せな環境で天寿を全うできる馬が1頭でも増えてほしい」とこのプロジェクトを支援している。

 

   司会の真矢ミキ「撮影で馬に乗ったことがありますが、価値観が変わります。いいプロジェクトですね。広がるといいなあ」

 

 

~転載以上~

 

 

馬関連過去記事

 

競走馬を殺処分から救え ある調教師の思い

 

馬角居さんが立ち上げたサンクスホースプロジェクト。武豊騎手なども賛同しています。

http://www.thankshorseproject.com/

 

馬引退したサラブレッドにセカンドキャリアを!サンクスホースプロジェクト

(クラウドファンディング・ふるさと納税)

https://www.furusato-tax.jp/gcf/150

 

 

【特集】引退競走馬を救え! 食肉でない第2のキャリアを

 

「勝てない競走馬」はどうなるのか 日本一の調教師・角居師の「もう一つの挑戦」

 

引退競走馬:「セラピー」転用、豊かな生を…名調教師尽力

 

スポンサーサイト

映画企画「今日もどこかで馬は生まれる」制作日誌 14|ひらパー

Creem Pan代表のひらパーですパー

 

CAMP FIRE経由で同じ内容の制作日誌が開示されている事と存じますが、

兼ねてからアメブロにて応援頂いている方々にも見て頂きたいので、

こちらでも更新させて頂きますウインク

 

 

制作日誌バックナンバーはこちらからどうぞ下矢印

【記事一覧】映画企画「今日もどこかで馬は生まれる(仮)」制作日誌

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

この度、監督の平林とカメラの平本が、

4/25~4/30までの6日間、北海道ロケに行ってまいりました!!


幾つかの写真と共にその行程を振り返り、皆様にお知らせしたいと思っています。

 

 

 

馬 馬 馬

 

 


丸レッド初日:4/25

お昼頃に平林のみが北海道入りし、現地の技術スタッフさんと合流。

お産を撮影する予定であった新冠にある某牧場様を目指します。

余談ですが平本は羽田空港付近で発生したトレーラー横転事故の影響で、

予定していたフライトに間に合わず、約6時間遅れで合流するという、

ハプニングに見舞われました(笑)

この日は監視カメラ&車中泊で粘るも、残念ながらこの日は馬は生まれず。。。

 

 

 


丸ブルー二日目:4/26

明け方インサートを数カット撮って、男三人で近くの温泉へ。

入浴と幾らかの睡眠を取りました。

そして夕方からは再び牧場に入り、スタッフ様に密着しつつも、

ほとんどの時間はハイエースの中で張り込み。

前日同様、その時をひたすら待ちました。

 


そして迎えた22時頃、監視カメラを覗くと、地面に座り込む馬の姿が!

慌てて現場に走ると、どうやら破水が始まった模様。

急いでカメラと音声の機材準備をして、馬房へダッシュします。

およそ20分ぐらいの間、力む母馬を応援しながらカメラを回し続けた結果、

見事元気な仔馬が誕生!

正直、感動というよりも、撮影に必死で何が何だかわからない状況でした(笑)

 


出産の後はやはり、初めて立つ瞬間を狙い、カメラを回し続けます。

その時!何と、二つ隣の馬房の牝馬の破水が始まりました!

立て続けの出来事に驚きつつも、冷静に。

暫くは仔馬が立つ瞬間を粘って撮影し、それをクリアしてから、二つ隣の馬房へ。

こちらは初子ということで色々と心配されましたが、

そんな心配をよそに無事元気な仔馬を出産!

まさかの二頭の出産をカメラに収めることができ、本当に有意義でした。

 

 

 


丸レッド三日目:4/27

夜中と明け方は、生まれた二頭の経過を定期的に撮影しつつ、

牧場の風景インサートを収めました。

そしてその後は前日に引き続き、近くの温泉で入浴と少しの仮眠。

夕方には再び牧場に戻り、出産を行ったスタッフへのロングインタビューを行いました。

そして夜は静内で一番リーズナブルなビジネスホテルへ(笑)

少しコンパクトでレトロな部屋でしたが、車中泊に比べればオアシスでございました(笑)

 

 

 


丸ブルー四日目:4/28

am6:00にチェックアウトし、お産を撮らせて頂いた牧場様と同じグループの牧場様の元へ。

というのも、ご厚意で当歳~1歳馬の検温や調教などの模様を撮らせて頂ける事になったからです。

そこにいる馬と人、こちらもシナリオでは予定しなかったものを沢山撮影することが出来ました。

その後は、サラブレッド銀座などを含む、日高の様々な地を赴き、

インサートの撮影し、某大手牧場へ移動して撮影。

本当に馬に携わる方々は皆さんいい方ばかりで、

人から人へと協力の輪が広がって行きました。本当に感謝しております。

 

 

 


丸レッド五日目:4/29

この日はam4:00に同じホテルをチェックアウトし、静内にある家族経営の某牧場様の元へ。

丸一日、牧場主の方に密着しました。

この方は功労馬支援もされている方なのですが、

一頭一頭馬に優しく語りかけながら、放牧や集牧、飼付などを行っていきます。

どちらが良い悪いではありませんが、

景観も含めて、前日までお世話になっていた大手牧場様とかなり印象が違って、

手前味噌ですがいい画が撮れたという手応えがありました。

幾度かインタビューも頂きましたが、その内容も良かったです。

 

 

 


丸ブルー六日目:4/30

この日も、もはや定宿と化した例のホテルを出発し、前々日に撮りきれなかった日高の地へ赴き、インサートの撮影。

個人的にはオーマイホースパークが印象的でした。

お昼頃に全ての撮影を終えて空港へ。

現地スタッフの方と別れ、フライトまでの間、平林平本で今回のロケで獲得した素材のチェックと振り返りを行いました。

18:00の飛行機に乗り、20:30頃帰京。

述べ6日間のロケを無事終えました。

 

 

 

 

長々としたご報告を失礼致しました。

前述した通り、本当に多くの関係者の方々のおかげで、

想定以上の撮れ高となり、有意義な撮影であったと思っていますキラキラ

 

現地でお世話になりました皆様、そして支援者の皆様、

映画『今日もどこかで馬は生まれる』を応援頂きまして本当にありがとうございます!!

 

撮影はまだ始まったばかりで、今後より困難な出来事も多々あるかと存じますが、

変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い致しますニコニコ

 

 

Creem Pan

代表・平林 健一

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

 

毎度恐縮ですが、ブログ・Facebook・クラウドサイトを、

興味をお持ちの方にシェアしていただけると幸いですお願い

 

 

Creem Pan ブログ

Creem Pan Facebookページ

Creem Panさんより。
https://ameblo.jp/creempan2017/entry-12374234806.html


映画『今日もどこかで馬は生まれる』制作費募集|GoodMorning(CAMPFIRE)


映画企画「今日もどこかで馬は生まれる」制作日誌 13|ひらパー

Creem Pan代表のひらパーですパー

 

制作日誌バックナンバーはこちらからどうぞ下矢印

【記事一覧】映画企画「今日もどこかで馬は生まれる(仮)」制作日誌

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

 

4月21日24時を持ちまして、

ドキュメンタリー映画『今日もどこかで馬は生まれる』の

制作費募集クラウドファンディングが終了を迎え、

予定額を上回るご支援を頂いてサクセス致しました!!

皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

私事ですが、18日から本日22日まで、北海道に滞在しております馬

本業のテレビロケの出張に有給休暇も取り混ぜた今回の旅で、

多くの牧場を始めとする、様々な場所を巡らせて頂きました。

 

 

 

 

これまで、人伝てやメディアからしか聞いてこなかった話を、

現場の方から直接聞くことが出来たり、

「出産」「育成」ひとつ取っても、牧場によって考え方ややり方が違うという事、

事業の継続性を重んじる思考と、馬に抱く深い愛情の錯綜、など、

様々なことを感じ得て、これまで以上に『人と馬の共生』を考させられる旅となりましたキラキラ

 

僕自身もまだまだ思いを整理し切れていないのですが、

今の段階で言える事は、

とにかく一人でも多くの人に、

引退馬が抱える課題を知ってもらうという事、

馬という動物に対して興味を深めてもらう事、

それらをこの映画を実現出来れば幸いであると考えますニコニコ

 

 

 

馬 馬 馬

 

 

映画の本制作が始まり、これまで以上に大変な毎日になる事でしょう。

…有給休暇を消化し過ぎて、会社をクビになるるかもしれません(笑)

様々な困難があるかと思いますが、これほど多くの皆様から資金と想いを援助頂いている以上、

覚悟を決めて、映画制作に邁進していく所存ですグー

 

必ずや作品を完成させ、一人でも多くの方に作品を届けたいと考えております。

これからも皆さんを存分に頼って参りますので、最後までお付き合い下さい!(笑)

 

この度は、当プロジェクトにご支援頂きまして誠にありがとうございました。

メンバーを代表して、心から感謝申し上げます。

今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

 

毎度恐縮ですが、ブログ・Facebook・クラウドサイトを、

興味をお持ちの方にシェアしていただけると幸いですお願い

 

Creem Panさんからです。
https://ameblo.jp/creempan2017/entry-12370220044.html



 

映画企画「今日もどこかで馬は生まれる」制作日誌 12|ひらパー

Creem Panさんからです。
https://ameblo.jp/creempan2017/entry-12363297105.html


Creem Pan代表のひらパーですパー

 

制作日誌バックナンバーはこちらからどうぞ下矢印

【記事一覧】映画企画「今日もどこかで馬は生まれる(仮)」制作日誌

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

本日も先日に引き続き、

⬇️のTwitterアンケートによって決定したテーマでブログを書いてまいります。

 

 

先日のブログでは「手応えと課題」で言うところの「手応え」を書きましたので、

本日は「課題」の方を書いていこうと思いますウインク

 

宜しくお願いします!!

 

 

 

馬 馬 馬 

 

 

丸ブルー感じている課題

 

予測不能なクラウドファンディング

 

3月17日(土)に制作費募集のクラウドがスタートしました。

先日のブログと矛盾するように聞こえるかもしれませんが、

開始から1週間で、約70名の方々から約100万円ものご支援をいただいており、

想定以上の進捗で手応えを感じております。

とは言え、やはり、この先どうなるかは誰も知る由も無いわけですから、

当然大きな不安も感じます。

 

現段階では順調とは言え、

守り一辺倒では絶対に成功しないと思っているので、

先手先手で動いていこうと考えており、今準備をしているところですグー

 

 

 

難航するロケ地交渉①「と畜施設」

 

劇中の中で、「どうしても、と畜場を撮りたい」というのが、

企画草案の段階からの希望でした。

 

やはり引退馬の多くがセカンドキャリアを築くことが出来ずに、

食用肉となるという事実は、

引退馬の現状を描きながら「人と馬の共生」をテーマに据える本作にとって、

是が非でも撮影したいパートに他なりません。

 

これまで全国の、と畜会社数十社をリストアップし、

直接交渉から役所や自治体を通した間接交渉まで、

様々なアプローチをしてきましたが、まだ色よい返事はいただけておらず、

正直、本編制作においては、最も大きな課題であると言えるかもしれません。

 

無論、取材オファーをしていく中でも、

そうした場所で働く方々の事情を十分に考えなければなりません。

 

そうした方々が悪者になってしまったり、

攻撃の的になってしまうようなことは、絶対にあってはならないことですので、

映画のコンセプトを本当の意味でご理解をいただけるところを探していくことが大切であると考えます。

 

これをお読みの皆様の中で、と畜施設、または肥育施設について、

有益な情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、

どうかご教授いただけますと幸いですお願い

 

 

 

難航するロケ地交渉②「生産牧場」

 

こちらは難航…というわけではないのですが、

取材する生産牧場もまだ決定しておりません。

 

本作を制作する上で、「馬の誕生の瞬間」というのは、

外せないシーンであると考えております。

従って、仔馬が母馬から誕生する瞬間に密着したいと考えております。

 

現状、関係者からご紹介いただいた候補地はあります。

しかし、限られた制作費の中で制作をしている関係上、

長い間、北海道に滞在することが難しいという、

貧乏チームならではの事情が撮影条件を困難にしているという側面もあります(笑)

 

出来ることなら数日間の滞在期間中に生まれてきて欲しいわけですが、

やはり仔馬はいつ生まれるかわかりません。

大型牧場であれば、年間に多くの産駒が誕生するでしょうから、

滞在期間の間に誕生の瞬間に立ち会える可能性はグンと高まるわけですが、

大型牧場はなかなかルールが厳しい部分もあり……タラー

 

こちらも、もし有益な情報をお持ちの方がいらっしゃれば、

是非ご教授いただければと存じますお願い

 

 

 

馬 馬 馬

 

 

 

今回も長くなってしまいましたキョロキョロ

 

ドキュメンタリーという性質上、

劇映画のように希望通り進んでいかないところも多く、

思うようにいかないことも多々あります。

 

それについては、応援していただいている方々に、

ご心配をお掛けしたりしてしまうところもあるかと思いますが、

恥を忍んで、包み隠さずにお話をすることで、

作品の強度が少しでも高まれば、それこそが最善であると考え、

今回は敢えて「今抱える課題」について、

存分に書かせていただいた次第です!!

 

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

 

毎度恐縮ですが、ブログ・Facebook・クラウドサイトを、

興味をお持ちの方にシェアしていただけると幸いですお願い

映画企画「今日もどこかで馬は生まれる」制作日誌11|ひらパー

Creem Panさんからです。
https://ameblo.jp/creempan2017/entry-12363016841.html


Creem Pan代表のひらパーですパー

 

制作日誌バックナンバーはこちらからどうぞ下矢印

【記事一覧】映画企画「今日もどこかで馬は生まれる(仮)」制作日誌

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

 

実は先日、Twitterでこんなアンケートを取っておりました(笑)

 

ありがたいことに、クラウドファンディングを始めてから、

これまで以上に多くの方々に応援していただけるようになりましたので、

皆様が求めていることを、自分の中で整理する為にも、

上記のようにTwitterを使って、アンケート取らせていただきましたスマホ

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました照れ

 

と、いうことで!

本日は「映画制作の進捗と課題」をテーマに書き進めていきたいと思います。

どうぞ宜しくグラサン

 

 

 

馬 馬 馬 馬 馬

 

 

 

丸レッド感じている手応え

 

順調なクラウドファンディング

 

3月17日(土)に予定通りクラウドがスタートしました。

メンバー一同初めてのクラウドということもあって、

大きな不安の中で始まったわけですが、

引退馬協会の皆様を始め、

各メンバーの友人・知人・お仕事仲間などを中心に、

想定以上のペースで、現在もクラウドは進んでおります。

 

こちらが、ブログを書いている今現在のクラウドページです下差し

 

映画『今日もどこかで馬は生まれる』制作費募集|GoodMorning(CAMPFIRE)

 

 

 

 

クラウドから見えてきたもの①「企画に対する確かなニーズ」

 

このように反響をいただいたことで、見えてきたものがいくつかありました。

一つは「引退馬が抱えるこの課題について関心を持っている人は多い」という手応えです。

 

クラウドを始める前も、当然このような方々は大勢いらっしゃるとは感じてはおりましたが、

この度は、より具体的にその存在を感じることとなりました。

 

映画制作とは多くの方々から協力をいただかなければ成り立たないものですので、

僕を始めメンバーにとっても、この実感は大きなアドバンテージになったと思っていますニコニコ

 

 

 

クラウドから見えてきたもの②「増え続ける協力者」

 

①に繋がる話になるのですが、

クラウドファンディングでご出資下さった方々の多くを中心に、

この映画制作を応援して下さる方が増えました。

 

SNS上で、クラウドの宣伝を積極的に行なっていただいたり、

「YouTubeにもパイロットムービーがあった方がいい」

「自分で刷って配るのでフライヤーのデータが欲しい」

などなど、

まるで制作チームの一員かの如く動いて下さっている方も多くいらっしゃいます。

(本当に感謝しております。ありがとうございます。)

 

また、引退馬に携わる活動や事業をされている組織団体から、

コンタクトをいただくことも多くなってきましたびっくりハッ

 

その内容は、映画で取り上げて欲しいという依頼から、

僕たちを取材したいという依頼、

引退馬についての情報提供まで様々です。

これはまさに①で述べた通りで、

この引退馬の課題に対して関心を持たれている方が多いこと、

そしてその関心レベルの高さを物語っていると思っています。

 

 

クラウドから見えてきたもの③「見えてきた作品イメージ」


上述した協力者の方々と交流をしていく中で、

クラウドを始める前とは比較にならないほど、多くの情報を得られるようになったことと、

プロモーションビデオ(パイロットムービー)を制作したことで、

映画の世界観や構成についてのイメージが、

自分たちの中でより明確に見えてくるようになった気がします。

 

そして、スポットを当てるのは「人と馬」だ、ということも再確認できました。

ややもすれば、馬ばかりを追い掛けがちになる懸念がありますが、

各シーン(場所)で、馬と共に生きている人の、

人生と観念まで迫っていかなければならない。

 

その人が馬と携わるようになったきっかけ、

馬に対する思い、

人と馬との共生に必要なものとは何か。

これらをしっかりとインタビューしていく事、

そしてその人の日常に密着して、それを映し出すことが大切だと考えています。

 

僕の頭の中に馬はいますが、生活の中に馬はおりません。

生活の中に馬がいる人を取り上げる。

そうした方に「人と馬がよりよく共生する為には」を伺う。

基本に立ち返り、そこをイメージし直しました。

 

 

 

馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬

 

 

 

 

長くなってしまいましたので、今日はこの辺でパー

 

今日は良いことばかり書きましたが、反面課題と感じていることもありますので、
そちらは後半で触れていきます!!
 
まだまだクラウドファンディングは続いて参りますので、
恐縮ながら、ブログ・Facebook・クラウドサイトを、

興味をお持ちの方にシェアしていただけると幸いですお願い

 

 

Creem Pan ブログ

Creem Pan Facebookページ

映画『今日もどこかで馬は生まれる』制作費募集|GoodMorning(CAMPFIRE)

 

 

どうか宜しくお願い致します。

いつもありがとうございますニコニコ

 

 

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR