ペット避難、飼い主の責任=災害時の指針改訂へ―環境省

時事通信からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000044-jij-pol


ペット避難、飼い主の責任=災害時の指針改訂へ―環境省


10/17(火) 14:33配信


環境省は災害時のペットの避難に関するガイドライン(指針)を近く改訂し、ペットの安全や健康を守る責務は飼い主にあると「自助」を求める方向で検討している。

 自治体については避難所での受け入れ環境の整備など飼い主を支援するのが役割と盛り込む方針だ。

 指針は自治体向け。2011年の東日本大震災でペットが飼い主とはぐれるケースが相次いだことを受け、一緒に避難することを前提に15年に作成した。16年の熊本地震では同行避難が数多く行われた一方、避難所での取り扱いをめぐってトラブルが生じた例もあり、飼い主や自治体の役割をはっきりさせることにした。

 検討中の改訂案のたたき台では、防災対策は「自助」が基本になっており、ペットについても同様だと指摘。行政による支援は人の救護が基本で、周囲に迷惑を掛けずにペットを飼う責務は飼い主にあるとして、日ごろから餌や水などを備蓄しておく必要性を訴えている。 



~転載以上~



日ごろからの備え、飼い主の責任、それはもちろん大事ですが…

行政にも、人のスペースと分けるなど、ペットを連れて安心して避難できる場所の確保に頑張っていただきたいです。。




スポンサーサイト

いつも一緒にいたいから・・・ペットも防災対策を!!~政府インターネットテレビ

政府インターネットテレビで、ペットの防災対策についての番組が公開されました。



こちらでご覧ください。


いつも一緒にいたいから・・・ペットも防災対策を!!

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg15909.html?t=143&a=1



公開日 2017年9月14日


大規模な災害が発生し避難が必要なとき、犬や猫等のペットは避難所に連れて行けるのでしょうか?災害発生時の世話も飼い主の大事な責務。食料等の備蓄、避難時に周りに迷惑をかけないためのしつけなど、ペットの災害への備え方についてご紹介します。
                                                
0分56秒頃 飼い主の責務として守るべき6つのこと
1分36秒頃 大規模な災害が起きたとき、避難所ではペットを受け入れてくれるのか?
3分00秒頃 水や食料の確保
3分47秒頃 避難時に周りに迷惑をかけないためのトレーニング
5分04秒頃 迷子対策



この番組の関連リンク


環境省:ペットの災害対策

環境省:災害時におけるペットの救護対策ガイドライン[PDF]


「…避難する場合、ペットはどうしますか?」” アンケート

松本秀樹さんより。
http://ameblo.jp/macha-daichi/entry-12296877158.html


先週22日(土)に

Twitterでこんなアンケートを実施させていただき、

その最終結果がさきほど出ました上矢印

 

犬アンケートにご協力ください猫

 現在ペットを飼っている、飼っていた、

飼おうと思っている方へお答えいただきたいです。 

地震や豪雨などで自宅に住めなくなり、どこかへ避難する場合、ペットはどうしますか?

①一緒に連れて避難する

②避難先がペットOKであれば一緒に避難する

③ペットは家において避難する

④ペットは逃がして避難する

 

の4択でアンケートをとらせていただきましたキラキラ



{FE43BF84-5DEE-4655-948B-9055E7A4CA6F}

 

なんと!

20092名もの皆様にお答えいただきまして、

本当にありがとうございましたゲラゲラ

 

Twitterをおやりなられている方は、

犬や猫だけではなく、魚類、鳥類、爬虫類を飼っている方や、

動物のアレルギーの方、ペットを飼っていない方、

また実際に災害に遭われた方の意見もたくさん頂戴していますので、

是非目を通してみてください目

そこに現実と世間があります。

 



炎松本秀樹 Twitter【@macha_daichi】




~転載以上~




こちらがそのツイートです。

https://twitter.com/macha_daichi/status/888620840446599170 

災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ

朝日新聞からです。リンクよりどうぞ。


災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ

http://www.asahi.com/articles/ASK585HRLK58UTIL04D.html



同じく朝日新聞より、こちらもどうぞ。


(災害大国)ペットと避難、備えと覚悟

http://www.asahi.com/articles/DA3S12961158.html


災害時避難所のペット飼育 ガイドラインを作成(静岡県)

いつ起こるかわからない災害。全国の自治体でこうした対策が進みますように。。



静岡新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000021-at_s-l22


災害時避難所のペット飼育 ガイドラインを作成

3/15(水) 9:20配信



 川勝平太知事は14日の定例記者会見で、災害時のペット同行避難に関して、避難所での飼育管理ガイドラインを作成したと発表した。避難所運営者と飼育者それぞれの役割を明記している。知事は「今やペットは伴侶動物。各避難所に適した管理態勢の構築を期待したい」と述べた。

 冊子はA4判、27ページ。静岡県が東日本大震災を受けて2015年に策定した「災害時における愛玩動物対策行動指針」を基にした。避難所運営者にはペットを飼育するスペースの確保、管理ルールの設定、飼育者名簿の作成などを求める。飼育者に対しては、避難者同士で「飼い主の会」を発足させ、運営者のルールに従って自主管理をするように指導する。管理ルールの例や飼育者名簿の様式も掲載している。

 17年4月から市町や自主防災組織に配布する。県のホームページからダウンロードもできる。

 県衛生課によると、16年12月現在、県内35市町のうち、全ての避難所でペットを受け入れると決定しているのは11市町。一部受け入れは8市町で、全てで未定なのは16市町。避難所ベースでは、全1337カ所のうち1023カ所で受け入れ方針が決まっていない。

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR