ニューヨーカーに浸透するCruelty Freeという選択

Wedgeからです。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9347


ニューヨーカーに浸透するCruelty Freeという選択

2017年4月17日


4月5日から16日まで、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンシアターで、「Circus 1903 The Golden Age of Circus」というサーカス団が、公演を行った。一見なんの変哲もない、昔ながらのこのサーカス団に、実はある秘密が隠されていたのである。


サーカスの勝ち組と負け組み

(iStock)


 サーカスといえば、このところ世界中でシルク・ドゥ・ソレイユが独り勝ち状態である。カナダのモントリオールに拠点をおくこのサーカス団は、そのプロダクションの独創性、テーマに合わせたコスチュームデザインとオリジナル音楽を作い、総合舞台芸術として、サーカス界のみならず世界中のエンタテイメント業界に影響を与えた。


 その一方で、歴史のあったリングリング・ブラザーズ、バーナム&ベイリーサーカスは、今年を最後に幕を閉じると宣言。ビッグアップルサーカスも、昨シーズンを最後に倒産してしまった。


 その理由の1つは、ここ10年ほどで動物愛護に対する社会の概念が大きく変わってきたことである。


インターネットが変えた動物愛護の概念

 私自身、子供のころは、サーカスでトラやゾウが出てくると、喜んで見たものである。タイでゾウの背中に乗せてもらったこともある。


 本来は人間に懐かない野生の動物が芸をするということがただただ珍しく、舞台裏で何が行われているのか深く考えてみたこともなかった。


 日本で先人、宮沢賢治が「オッペルと象」を書いたのは今から90年ほども前のこと。だが世界中で動物に対する概念が変わってきたのは、インターネットの普及のためである。YouTubeなどで誰でも簡単に、世界各国の様々な映像をシェアできる時代になった。動物たちは人間が本来考えていたよりもずっと賢く、社会性も感情もあることもわかってきた。


 同時にこうしたサーカスや大道芸の野生動物たちの多くは、棘のついた足環などで肉体的拘束をされ、言うことを聞かないと鞭で打たれたり餌をもらえないなどの虐待を受けながらトレーニングされていく。普段は狭い鉄の檻に閉じ込められっぱなし、という現状が、映像を通して社会で広く知られるようになってしまった。都合の悪い舞台裏を隠しておくことが難しい時代になったのである。


 サーカスの動物の全てがそういう扱いを受けているわけではないかもしれないが、人々は以前のように無邪気に動物を使ったエンタテイメントを楽しめなくなってしまった。

 リングリング・ブラザーズも多くの動物愛護団体とその支持者たちの署名運動などに押され、1年前にゾウを全て引退させてサンクチュアリ施設に移した。その後、チケットの販売が落ちたことを理由に、今年で幕を閉じることとなった。


 そんな世相の中で、動物を使わないで人々を楽しませるシルク・ドゥ・ソレイユの誕生は、とてもタイムリーで時勢にフィットしていたのだと思う。


等身大のゾウの操り人形

 さて話は冒頭に戻り、娯楽には事欠かないニューヨークで、なぜこのサーカス「Circus 1903 The Golden Age of Circus」が注目を集めたのか。


 オールドファッションな雰囲気を売り物にしたこのサーカス団で、注目されているのは実物大のゾウの操り人形が登場することである。


 ブロードウェイで大ヒットし、後に映画化もされた「War Horse」で登場した、精巧で洒落た馬の操り人形を制作したシグニフィカンド・オブジェクトの作品で、成獣と小ゾウの二匹が登場。動物愛護団体たちから、「生き物を使わなくても面白いサーカスは成り立つことの見本」と絶賛されている。


 アクロバット類などはごく普通のサーカスだったが、このゾウの精巧なパペット人形は、一見の価値アリだった。


変化してきた動物愛護の精神

 日本で「動物愛護」は、未だに微妙なテーマである。先をたどっていけば、必ず日本の捕鯨とイルカ漁にたどり着くからだ。


 だが自分は毛皮のコートを着て、血のしたたるステーキを食べながら「イルカを殺す野蛮な日本に行きたくない」とミュージシャンが発言し、大反感をかった70年代、80年代初頭から、欧米社会は大分進化した。


 ニューヨーカーの間では、一人ひとりが自分自身の中で何を選択していくのか、という動物愛護精神が高まってきたのである。


 たとえば同じ犬を飼うのなら、Puppy Millと呼ばれる劣悪な環境で繁殖させる商業ブリーダーから提供されるペットショップのものではなく、動物保護団体のところから引き取る、というようなことから、日々の食卓で肉の消費量を少しでも減らそうと意識するなど、些細なことだ。


Cruelty Free という表現

 こうした現代社会のキーワードはCruelty Free(クルエルティフリー)である。

 「残酷ではない」という意味で、たとえば化粧品や洗剤など、動物実験を実行していないメーカーの商品につけられるマークがあり、一般のスーパーなどの店頭から消費者自身が気軽に選択できる。


 同じ卵を買うのでも、ブロイラーのものではなく、ニワトリが歩ける環境で育てたものにはCage Freeのマークがついている。


 肉類などでも、工場ではなく昔の農場のような環境で育て、必要以上に苦しめないように処理を行う業者にはCertified Humane(人道的認定印)を商品につけることが認められ、消費者が選べるようになっている。


 バッグや靴などもCruelty FreeあるいはVeganなどを掲げて、人工革のみを使用しているメーカーもあり、こうしたVegan商品がじわじわと人気をあげてきている。


 過激な動物愛護団体のように、何でもかんでもダメ! というのではなく、「惨くない選択があるのなら、できる範囲でそちらを選ぼう」というレベルのマイルドな動物愛護精神が、ニューヨーカーの間では日常生活に浸透しつつあるのだ。


個人ができる範囲での選択

 菜食主義にはなれないけれど、カバンや靴は本皮でなくてもいい。


 同じ洗剤を買うのなら、動物実験を実行していないメーカーのものにする。毛皮やダウンは本物ではなくても、化繊で十分。このように、個人の意識レベルに合わせて選択できるのが、ニューヨークでは当たり前になりつつある。


 その意味では、本物のゾウではなく、等身大の操り人形のゾウが出演するサーカスを見に行く、というのも立派なCruelty Freeの選択である。


 大声でヒステリックに主張をする動物保護団体は、日本人気質にはちょっと合わない。だがこうしたさりげないCruelty Free主義ならば、おそらく日本社会にも徐々に浸透していくのではないだろうか。


 動物実験をしていないメーカーの商品は日本にも少なからずあるのだが、一目でわかるようにはなっていない。そのあたりを供給する側が、もう少し消費者側に選択肢を与えてくれても良いのではないだろうか。



~転載以上~



個々の意識レベルに合わせて選択する。一度にすべては無理でも、減らせる犠牲は減らしていく。残酷でない選択があるならそちらを選ぶ。皆が日常生活の中でさりげなく心がける、そんな社会になっていけたらいいですね。


また、消費者の意識が高まることで、メーカー側も素材の表示や実験の有無など明確にし、犠牲のない商品が選ばれやすくなるように、そして残酷でない点がセールスポイントになるような社会になればいいなと思います。



記事冒頭で紹介されていた、ゾウの精巧なパペット人形を使ったサーカスの公式サイトはこちら。


Circus 1903




以下は動画です。ゾウの人形、ダイナミックですねゾウ








スポンサーサイト

目を凝らしてよく見て! 動物保護団体の「里親になろう」キャンペーンが俊逸

ねとらぼからです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/20/news023.html


目を凝らしてよく見て! 動物保護団体の「里親になろう」キャンペーンが俊逸

だまし絵のテクニックを使ったステキな広告です。


2017年04月20日 09時00分 更新



海外で行われたペットの里親キャンペーンの広告にアッと驚く仕掛けが施されています。一見すると、暗闇の中にホワイトでイヌやネコ、ウサギが描かれており、真っ暗な中にポツンと立っていて寂しそうに見えます。でもよく見ると……。

里親広告 暗闇の中にぽつんとイヌ


里親広告 同じくネコ


里親広告 同じくウサギ


 ところが、画像を拡大するなどして視点を変えてみると、もうひとつの絵が見えてきます。イヌの絵には、赤ちゃんを優し気な目で見つめる夫婦が、ネコの絵には顔を近づけほほえみ合う親子が、ウサギの絵には笑い合う母と娘の姿が、それぞれ暗闇の中に隠れていました。これによって、ペットもまた家族の一員であり、暖かく迎えてあげてほしいというメッセージを表しているのですね。

 この広告はインドのフォトグラファーAmol Jadhav氏とディレクターのPranav Bhide氏によって、動物保護団体「World For All」のキャンペーンのために制作されたもの。光と闇を駆使したこの演出技法に対し、ネット上では「すごい作品だ」「素晴らしい」と絶賛の声が上がっています。


Photos by Amol Jadhav for World For All



海外の動物愛護ニュースまとめ 4/9

海外の動物愛護ニュース(日本語)


★【ブラジル】フォアグラ禁止条例は違憲 市議会は控訴を表明=サンパウロ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00010001-saopaulo-s_ame



★【署名あり】アメリカ、冬眠中の野生の動物に対する狩猟行為を禁じる法律・過剰な狩猟を禁止に

http://ameblo.jp/yayamin/entry-12261185478.html



★ペットを放置して旅行へ 餓死させた夫婦、今後12年間動物の飼育を禁じられる(英)<画像閲覧注意>

http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20170330/Techinsight_20170330_367624.html



★朴槿恵氏を動物愛護団体が告発 罪のない犬まで政争の具に

http://news.livedoor.com/article/detail/12851551/



★沸騰したお湯を猫にかけている動画をFacebookに投稿した男が逮捕。火傷を負って逃げた猫の行方とは

http://petfun.jp/cat/28583/2/



★(世界発2017)「トラ牧場」、密売の温床 繁殖させて解体、漢方薬や精力剤に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000014-asahik-int



★【映像】餓死寸前のライオンとクマ、モスルの動物園から救出

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00010000-aptsushinv-m_est



★中国で象牙価格暴落、密猟撲滅に期待 ゾウ保護団体

http://www.afpbb.com/articles/-/3123320



★ゾウ外交に待った 動物愛護活動家の訴え認められる スリランカ

http://www.afpbb.com/articles/-/3123611



★生命と税金を救う!2匹の保護犬が警察犬になった取り組みに称賛の声

https://irorio.jp/jpn_manatee/20170331/393131/



★マーケットのど真ん中に野良猫の避難所を設置したモロッコ人男性。その優しい行動に世界中から称賛の声が集まる。

http://petbiyori.com/article/8034




★鬼畜の動物虐待男、子犬にペンキを被せアイスピックで刺し殺害 SNSに画像を投稿(メキシコ)

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170403-21636740-techinq



★国家一級保護動物のイルカを街中で解体?当局が調査に乗り出す―中国

http://www.recordchina.co.jp/b173951-s0-c30.html



★動画:コロンビア土砂崩れ、軍による動物の救助活動

http://www.afpbb.com/articles/-/3123902



★内戦続くシリアのアレッポで猫や犬を助ける人に「ノーベル平和賞を」の声 170匹以上の動物たちを保護する

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000003-it_nlab-life



★北京の動物園で観光客がクジャクの羽むしる?=非難殺到『トラの毛を抜いてみろよ」―中国

http://www.recordchina.co.jp/b174256-s0-c30.html




海外の動物愛護ニュース(英語)


★【カナダ】 オンタリオ州トロント市が今月から、チョークカラー(首絞め)とプロンジカラー(トゲ付き)の使用を禁止する条例を施行~効果があると信じて疑わない一部のドッグトレーナーが反対の姿勢

https://twitter.com/koinuno_heya/status/841226225901215745?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fsava22%2F




★【スコットランド】 繁殖すること自体が倫理的に非難されているスコティッシュフォールド~自称猫好き有名人による安易な広告活動に対し獣医師たちが警鐘。原産国自らが繁殖禁止に乗り出す動きも

https://twitter.com/konekono_heya/status/846283069774442497




★【ナイジェリア】 結婚式に参列した村人たちの中にボコハラムの自爆テロ犯が走り込む→犬が犯人に襲いかかり、自らの命と引き換えに村人たちを救う

https://twitter.com/koinuno_heya/status/849922879751733248




★トラを劣悪な環境で飼育、掴み殴って楽しみ、子どものトラは自撮りに利用。さらに漢方薬などのためにトラを殺す中国のトラ牧場に非難

http://worldanimalnews.com/shut-xiongsen-bear-tiger-mountain-village-china-tigers-punched-drugged-fun/




★米ロサンゼルス郡議会、中国および韓国に対し犬食を廃止するよう求める世界的な取り組みに加わることを検討

http://www.dailynews.com/apps/pbcs.dll/article?avis=LA&date=20170327&category=NEWS&lopenr=170329443&Ref=AR&source=most_viewed&profile=1030370



★捕鯨が世界的に批判される日本とアイスランドよりも多くのクジラを殺しているノルウェーが、今年も捕鯨を開始する予定。今年の捕獲枠は999頭。殺される多くが妊娠中のメス

https://www.thedodo.com/norway-whale-hunts-2336771110.html



任天堂の社会貢献活動 ペット育成ゲームでペットを飼うことへの責任感を養う

企業の社会貢献について調べていた同僚から教わった情報です。

任天堂、このような取り組みも行っていたのですねマリオ



Jobbyより一部転載です。

http://jobhobby.jp/society/1739.html


有名企業のユニークなCSR活動12選

2017.02.13


CSRとは?


Corporate Social Responsibilityの略で、「企業の社会的責任」という意味があります。


経済産業省が定義している「企業の社会的責任」とは、


『企業が社会や環境と共存し、持続可能な成長を図るため、その活動の影響について責任をとる企業行動であり、企業を取り巻く様々なステークホルダーからの信頼を得るための企業のあり方』
引用:
http://www.meti.go.jp/(経済産業省)


これをもう少し簡単に言えば、企業活動を通じて何かしらの関係があった消費者や従業員、取引先や投資家などに対して、企業自身が与えた影響について責任を取りますよ、ということです。


日本では、「企業の利害に関係ないボランティア活動」という間違った認識がありますが、本来は「企業が与えるかもしれないネガティブな影響に対して責任を持ち対処する」という意味合いです。


③任天堂

「ゲームを通じた意外な社会貢献」


ゲームで有名な任天堂は、「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする活動」と定義し様々なCSR活動を行なっていますが、その中でも一見ゲームに関連性がなさそうに見えるのがペット関連のCSR活動です。動物保護団体と協力してペットを引き取りたいと言った人たちに、ニンテンドー3DS用ソフト「nintendogs + cats」というペット育成ゲームを1週間プレイしてもらい、ペットを飼うことの疑似体験をしてもらうというものです。責任をもってペットを世話することの大切さを認識してもらっています。



~一部転載以上~



以下、2012年のレポートになりますがご紹介いたします。

本文に「海外子会社では」とあるので、日本では行われていないのでしょうかね。。



CSRレポート2012より一部転載。

https://www.nintendo.co.jp/csr/report2012/09/


任天堂のビジネスは社会が健全であってこそ成り立つものと考えています。社会に生かされていることを認識し、私たちだからこそできる貢献は何かを考え、企業市民としての社会貢献活動に努めています。


『nintendogs + cats』を利用した支援活動

 ニンテンドー3DS用『nintendogs + cats』は、犬や猫との生活を疑似体験できるソフトですが、海外子会社ではこのソフトをさまざまな形で活用しています。


任天堂イタリア

 任天堂イタリアは、「Lega Nazionale per la Difesa del Cane」という捨てられたペットの保護に努めている団体と共同で、保護施設にいる犬や猫をペットとして引き取ることを希望する人に対するトレーニングプログラムを運営しています。このプログラムは、1週間程度『nintendogs + cats』をプレイしてもらい、実際のペットとの生活を疑似体験してもらうことで、責任を持って毎日ペットの世話をすることの大切さを認識してもらうことを目的としています。
 プログラムは、20か所の保護施設で採用されており、合計200人の方がソフトを体験しています。


nintendo_csr1.jpg


任天堂イギリス

 任天堂イギリスは、「Dogs Trust」という動物保護団体が実施しているプログラムに協力しています。このプログラムは、責任を持ってペットを飼うことの大切さを小中学生に教えるため、イギリス全土の小中学校で実施されています。『nintendogs + cats』は毎日愛情を持ってペットの世話をすることの大切さを教えるのに適したソフトであると評価され、このプログラムに活用されています。


nintendo_csr2.jpg



任天堂ベネルクス

 「Hachiko vzw」は、障がいのある方の日常生活をサポートする介助犬の育成などを行っている団体で、介助犬に家庭での生活を経験させるため、一定期間犬を預かり飼育するホストファミリーを募集しています。
 任天堂ベネルクスのベルギー支店は、ホストファミリーの子どもたちに『nintendogs + cats』を使ってもらい、ペットとの生活を疑似体験してもらいました。このような体験によって、ホストファミリーを志願する家族が増えるよう、任天堂ベネルクスはこの取り組みを支援しています。


任天堂オーストラリア

 オーストラリアの動物保護団体「RSPCA」は、責任を持ってペットを飼うことの大切さを啓発する取り組みを継続的に実施しています。『nintendogs + cats』はペットを飼うことへの責任感を養うのに適しているとRSPCAに判断され、推奨されています。

 『nintendogs + cats』を活用した任天堂イベリカの取り組みについては、
『CSRレポート2012 ダイジェスト版』P.13(PDF)をご覧ください。




nintendo_csr3.jpg



~転載以上~



犬猫「nintendogs + cats」の公式サイト

https://www.nintendo.co.jp/3ds/adcj/



about_bond_boxed_a.jpg about_bond_boxed_b.jpg about_bond_ph.png

韓国の大統領最有力候補 動植物を愛する文在寅氏「命あるものは全て尊い」

朴槿恵前大統領の罷免を受け、5月9日に行われる韓国大統領選挙。

昨年末から世論調査で不動の支持率一位を維持し続け、大統領候補選出のため実施された最初の予備選でも圧勝、現在最も有力と見られている文在寅(ムン・ジェイン、元共に民主党代表)氏についての記事です。


文氏が当選することを懸念する声もありますが…文氏の対日、対北朝鮮政策や日本への影響など政治的な面は別にして、あくまでも犬肉産業の犠牲となっている犬をはじめ、動物虐待事件も増加している韓国の動物たちの現状が変わるかもしれない、というお話です。



反・犬猫肉JPNW/Anti-Dog&Cat meat Japan NetworkさんのFBから転載です。

https://www.facebook.com/adacmjnw/posts/727621887416733



文在寅(ムン・ジェイン)は動物愛護家


★鹿戸美紗子さんよりCopy★


昨日は、韓国にあるドッグスクールのかわいそうな映像を投稿してしまいましたが、、
今日は、希望溢れる話題です!!


韓国と言えば、大統領選・・・現在有力候補は4名。。
現在の支持率トップは、文在寅(ムン・ジェイン)氏。


また、李 在明(イ・ジェミョン)氏、この方は、年末の投稿で触れましたが、現、城南市市長、
先にモラン市場での犬肉販売、「と殺」禁止の発表した方です。彼もその有力候補の中に入っています。


※各候補者の支持率グラフは、コメント欄のリンクを参照下さい
日本のメディアは、候補者が親日か反日か?位しか掘り下げてくれない為、
海外のサイトに頼りました。
韓国のパブリックにおける、日本への感情は、基本反日でフィックスされているので、正直、そこはどうでもいいです(― ―;)


それよりなにより、現在支持率トップの文在寅(ムン・ジェイン)氏は、ものすごい動物愛護に傾倒されている方のようではないですか!
それが、このシェア記事です。


---------------------------------------------------------------------
書いてある事を抜粋しますと:


文在寅(ムン・ジェイン)氏は、珍土犬のミックスのマルというオス犬を飼っているそうなのですが、そのマルと野良犬が子供を作ってしまい、その子犬を見つけて、保護した経緯、そして、その野良犬がマルとその後も仲良く暮らしていく様等をブログで綴っていました。


野良犬の方は、Jisoon(韓国語で無垢とか、純粋という意味でしょうか?)と名付け、常に気になる存在となったとありました。


Jisoonは、村の他のメス犬を襲ってしまったりしたので、保健所に捕獲されそうになりながらも、結局は、保健所に送る事ができず、首に首輪が食い込んでしまった為にできた傷を見つけ、獣医に運び、オペしてあげたりと、放っては置けない存在だったようです。


このブログにある写真達を是非見てみて下さい。(T T) なんか希望が見えた気がした・・・
「命ある者は全て尊い。」そう締めくくられていました。


彼が動物愛護家に答弁した言葉に、マルや、Jisoonという仲間を持って、本当に自分は幸せだった。彼らは、本当に心地よさと、喜びを与えてくれる。
だから今度は、その幸せをお返しする番だ。


自分は、動物愛護法制定に尽力し、生きたまま殺すという、残酷な「と殺」を廃止したい。実験所や、化粧品産業の動物実験も、費用を投じて、禁止する方向で進みたい。とありました。


韓国は、大統領制。
そして、その権限は国政の最高責任者として絶対的なものが与えられています。
もし、文氏が当選したら・・・韓国に動物愛護法ができる。犬食が犯罪となる。。。


そして文氏は現在トップ・・・
トップが替われば、全てが変わる。。。
この記事を読まれた方は、是非、そんな背景がある事を念頭に、韓国の大統領選を見守ってみて下さい。
選挙は来る5月9日投開票です!



~転載以上~



以下、元記事のリンクです。Koreandogs.orgより


Moon Jae-In's puppies.



moonjaein.jpg 33150346026_af6c7e5962_o.jpg 33191836945_2e9c6f43cf_o.jpg 33034972952_887ffa84f9_o.jpg




文氏は、犬猫のみならず植物にも強い愛情を持っており、草木を愛でるためにたびたび登山をしており、野草についての知識は専門家並みとのこと。


庭の木が枯れそうになった時は、木を抱きしめながら「お願いだから早く元気になっておくれ。でないと君を切り倒さなければならなくなる。そんなことはしたくないんだ」と熱心に語りかけていたそうです。



韓国の犬肉反対活動家キム・ナミさんも、文氏と韓国政府の現動物福祉委員長、ピョ氏(ピョ氏について詳しくはこちら)が手を携えれば現状を変えられるのではと大きな期待を寄せています。(ナミさんのFBより)


17361742_839066312910097_4229035595168201920_n.jpg

プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR