実験動物が苦痛にもだえ苦しんでいる。日本には苦痛を軽減するシステムが確立されていない

Health Pressからです。

http://healthpress.jp/2017/04/post-2958.html


実験動物が苦痛にもだえ苦しんでいる。日本には苦痛を軽減するシステムが確立されていない

2017.04.28


実験動物が苦痛にもだえ苦しんでいる。日本には苦痛を軽するシステムが確立されていないの画像1

当たり前だが、実験動物は苦痛を感じている!(depositphotos.com)


 現在、我が国の動物実験における支援体制は残念ながら十分とは言えません。一般的に、医科系大学の研究者は診療業務を行いながら動物実験を行っているので、多忙のために研究者自らが十分な術後ケアを行える状況にはありません。


 また、獣医学的ケアの必要性の認識や実験動物専門獣医師、実験動物看護師の数も十分ではありません。それ故、実験動物たちが被る、「苦痛」の軽減が充分に行われているとは言えない現状にあります。


 動物実験が一般の人達から往々にして非難される所以は、実験動物たちに苦痛を与えているという事から来るものです。物言えぬかわいい動物たちを意図的に苦しめているというものです。実験動物たちが被る苦痛の軽減を担保するシステムが確立されなければ動物実験は社会から受け入れ難いでしょう。

水準の低いわが国の実験動物の苦痛軽減対策

 欧米では、動物は「痛みを感ずる能力のあるモノ」と定義をされており、苦痛軽減の重要性はとても大きく認識されています。ですから、その倫理的課題を解決するために多くのガイドラインが作成されています。たとえば、Guide for the Care and Use of Laboratory Animals 8th ed.( 2010)やEUROGUIDE: On the accommodation and care of animals used for experimental purposesが代表的です。


 欧米で公表された各種ガイドラインは我が国でも参考にされていますが、残念ながら我が国では実験動物の苦痛軽減対策の水準は未だ欧米に遠く及ばないのが現状です。その理由は大きく、2つあると考えています。


 ひとつは、実験動物に対する縦割り行政に加え、行政の傘下にない分野での動物実験も多々ある、すなわち行政の網羅性に問題があることです。日本では、動物実験を「動物実験」と「実験動物」に分けて扱っています。環境省が扱うのは「実験動物」、その他の省庁(文科省、厚労省、農水省)が扱っているのは「動物実験」です。


 このように、「実験動物」や「動物実験」に対する共通の認識のなさが動物福祉への取り組みにブレーキをかけていると考えられます。それでもこれら三省は傘下の研究機関を把握しようと努力していますが、しかし傘下にない研究機関の数やそこで行なわれている動物実験の実態は、どの行政機関も把握しようとすらしていないように思われます。


 もう一つの原因は、日本の法規や種々のガイドラインには「獣医学的ケア」という文言がどこにも入っていないため、動物実験での「苦痛の軽減」で果たすべき獣医師や動物看護師の役割があいまいであることです。


 2005年の改正動愛法で、初めて3Rの原則が明記されたことは記憶に新しい。特にその中の「苦痛の軽減」には「獣医学的ケア」が欠かせず、そのための専門性を持つ獣医師や飼育技術者の配置が必須であるものの、そのことが我が国のルールのどこにも書かれていないのです。


動物実験関係者は動物の生命に真摯に向き合うべき

 侵襲性の大きい動物実験を実施する場合には、ヒトの場合と同様、周術期管理の知識・技術を有する臨床獣医師が実験動物の手術の統括を行い、術後の管理には資格・技術を持つ飼育技術者が行うというシステムの確立が急務です。そのような「苦痛軽減を担保するシステム」があれば、動物実験に対する市民の不安も軽減されるのではないでしょうか。  
 
 私は、日本における動物実験の場に、臨床獣医師と専門の教育を受けた技術者や動物看護師が周術期ケアを行うような実験動物の苦痛軽減を担保するシステムが一日も早く普及・定着することを強く望んでいます。


 実験動物たちは、自らが望んだわけではないのに、実験動物としての使命を与えられ、人類の健康や幸福に多大な貢献をしていますが、言うまでもなく動物に苦痛をもたらすものです。そしてかけがえのない「生命」は失われます。このことを私達は真摯に受け止め、動物実験の在り方を吟味し、種々の問題点の改善を行う責任が私達動物実験関係者にはあると思います。


末田輝子
東北大学大学院医学系研究科附属動物実験施設勤務。
「実験動物ブタの福祉のための看護的飼育管理の考案」で平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 創意工夫功労者賞を受賞。末田さんを2年がかりで取材してまとめられたノンフィクション「ありがとう実験動物たち」(太田京子著、岩崎書店)も話題に。


MRIC 2017年4月28日より抜粋転載。全文は(http://medg.jp/mt/?p=7507)

スポンサーサイト

日本および韓国宛て 動物を使った農薬の毒性試験を廃止するよう求める署名

世界的動物保護団体、ヒューメインソサエティー・インターナショナル(HSI)が、日本および韓国へ宛てて立ち上げた署名です。


以下、内容を翻訳しました。




Save dogs from cruel pesticide poisoning!

http://www.thepetitionsite.com/takeaction/107/634/233/?TAP=1732


動物を使った、除草剤や昆虫忌避剤などの農薬の毒性試験は多くの国で法律によって義務付けられていますが、HSIは残酷な実験から動物たちを救うため、世界各国の政府に対して試験の要件を修正するよう働きかけてきました。


そして今、ビーグル犬に対し1年間に渡り強制給餌等で農薬を摂取させる試験を廃止させることに成功しようとしています。


この試験の科学的根拠は乏しく、米国、インド、EU、ブラジル、カナダに試験を要件としないよう説得することができました。しかし、この残酷で不必要な試験はいまだ日本および韓国において法律で義務付けられています。


1人でも多くの方に賛同いただき、両国に対してこの時代遅れの試験を廃止する世界的な動きに同調するよう求めましょう。



※署名は、名→姓→メールアドレス→国を選択→住所→郵便番号を入力し、Sign Nowをクリックして完了です。



「動物では化粧品の安全性は確かめられない」71.4% 人データで安全を確認する方法の開発が急務

アニマルライツセンターからです。

http://www.arcj.org/animals/animaltesting/00/id=981


人データで安全を確認する方法の開発が急務では?

2016/11/23


ラッシュジャパンが2013年にも行った化粧品の動物実験に対する意識調査を再び行いました。

2013年同様にアニマルライツセンターもこの調査に加わりましたが、私たち啓発を行う団体としては認知度が3年前と比較してあがっていない、むしろ多少の誤差で下がっていることに落胆しました。

しかし、動物実験で人の安全性は確かめられないと考える人が、全体の71%であり、動物実験が絶対であるという偏見が多少取り除かれてきていることを感じました。

調査結果は動画でご覧ください。

【調査概要】
調査期間:2016年9月16日~9月22(ラッシュ調べ)
総回答数:8,624名





また、ラッシュジャパンの化粧品の動物実験をなくすための積極的なアクションは、調査や店頭でのキャンペーンにとどまりません。ラッシュプライズという動物実験を減らすために貢献した、または貢献するであろう研究に、毎年最大25万ポンド(約4,500万円 ※1)の賞金を出す取り組みを行っています。


2012年から行われているラッシュプライズでは、今年は動物実験では人の安全を確かめられないと自覚し新たな安全性試験の開発に取り組む日本人の若い研究者にも、賞が送られました。


辰巳久美子さん (大阪市立大学)の研究は、肝臓の毒性を3Dモデルで確かめるというもので、将来的にはすべての臓器の3Dモデルを確立し、それぞれを繋ぎ、体全体の安全性を確かめられるようにしたいという夢を持つ研究者でした。
日本での研究は、研究のための臓器が手に入らず社会システムの変革も必須だといいます。

今、動物実験を経た薬が、臨床試験や市場に出た後に回収されたり副作用情報が書き直されるのが当たり前のようになっています。動物実験は「まるでコインを投げて裏表をあてるようなもの」とLushPrize運営事務局をつとめる科学者のレベッカ・ラム氏は言います。


愛情や何かを感じる心や行動など人とそれ以外の動物の共通点はたくさんあり、私たちに必要なものの多くを動物も必要とするという行動学的研究が多数ある一方で、その体の作り、生物学的な面での違いは大きいのです。


この種差を超えることは、これまでドレだけ莫大な金(税金含む)と研究者の貴重な時間と能力を費やしても、超えることが出来ませんでした。これからもそれは同じでしょう。どんなに似たような症状を「動物モデル」として作ったとしても、単に似ているに過ぎないのです。

私たちには、人のデータに基づいた試験方法が必要です。
動物実験を減らすための方法ではなく、これまでラッシュブライズを受賞したような研究者の方々が取り組むような方法の開発が必要です。このことはもう何十年も前から医学者が言い続けてきていることです。


日本社会もそろそろそちらにシフトすべきなのではないでしょうか。

ラッシュプライズを受賞した、動物実験を使わない試験のみを行う試験期間、XCELLR8の試験方法のデモの動画をご覧ください。





201611231146_1.jpg 




動物実験代替法に関する国際会議、Asian Congressおよび日本動物実験代替法学会の報告

動物実験代替法に関する国際会議、Asian Congressおよび日本動物実験代替法学会に参加された、JAVAさんより、報告です。

https://www.facebook.com/JapanAntiVivisectionAssociation/?fref=photo



動物実験代替法に関するアジア地域の国際会議、Asian Congressの会場に来ています。韓国、中国、タイ、インドネシア、インドなどのアジア諸国のほか、アメリカ、カナダ、ヨーロッパなど世界各国から代替法の研究者が集結しています。


いま、農薬に対する動物実験についてのシンポジウムを聴講中。犬を使った1年間の慢性毒性試験は必要ないという研究結果の報告を受けて、すでにアメリカ、EU、ブラジル、カナダでも廃止されたこの試験が、日本と韓国ではなぜまだ存続しているのかという問題提起がなされています。

http://jsaae29.umin.jp/ac2016/program.html




動物実験代替に関するアジア地域の国際会議、Asian Congress、2日目のプログラムに参加しています。


国際的なNGO、Humane Society International のトロイ・サイドル氏の講演です。
1960年代に確立した動物実験という試験の枠組みが長い間、いまなお使われ続けていることが、多くの疾患の治療法の確立を妨げてきたと指摘。


これからの時代は、人間への影響を直接調べることのできる、ヒト生物学に基づいたモデルやツールを活用していく新たな枠組みが必要です。


動物愛護という観点を抜きにしても、動物実験という古い枠組みから脱却することが、結果的に人間の保健衛生の向上へとつながります。

http://jsaae29.umin.jp/ac2016/program.html





佐賀・唐津から移動して、福岡の九州大学百年講堂で始まった「日本動物実験代替法学会 第29回大会」に参加しています。


シンポジウム『化粧品、医薬品の安全性試験の代替法の動向』では、いま、急性毒性試験の代替法に関するプレゼンテーションが行われています。動物の口から強制的に試験物質を注入して、動物群の半数が死ぬ値(物質の量)を求めるLD50は、大量の動物を苦しめるとして批判され、容量を少なくしたり、動物の頭数を減らした方法の開発が進められてきました。でも、動物を使うことには変わりありません。


1日も早い、動物を使わない方法の開発と確立が望まれます。




日本動物実験代替法学会 第29回大会、2日目のプログラムに参加しています。

シンポジウム『個体の視点からの代替法』では、国際的に浸透している3Rsの原則(①Refinement: 動物の苦痛の軽減、②Reduction:動物使用数の削減、③Replacement:動物を使用しない方法への置き換え)のうち、特にRefinement にフォーカスした発表が行われています。


アメリカでは、AAALACの認証を受けた研究機関では、動物実験を行う研究者とは別に、獣医師や動物看護師が立ち会い、実験動物の疾病やケガへの対処を行なったり、人道的に安楽死させる役割を担っているということです。


こういった獣医学的ケアを含む具体的な「動物福祉」の担保は、動物愛護法第41条で「できる限り(動物に)苦痛を与えない」と規定されているにもかかわらず、まだ日本では普及していません。


実験技術を洗練することによって動物の苦痛を軽減するRefinement は、動物実験が行われている以上、しっかりと取り入れられていかなければならないことです。
でも究極のゴールは、動物を使わないReplacementです。


そのゴールに向かう道のりのなかで必要な取り組みの一つがRefinement だと、私たちは考えています。

写真は、代替法のキットを開発、販売している企業の展示ブースです。
http://jsaae29.umin.jp/program.html


14993552_1290298464371280_4052690377416342289_n.jpg




日本動物実験代替法学会 第29回大会、今日が最終日となりました。

昨日の発表のなかで、人工心臓やステントなど体に埋め込む医療機器に関して行われている動物実験について言及がありました。


循環器系の人工臓器の開発にあたっての実験にはマウスやラットではなく大きな動物、主にヤギが使われています。


ある国立病院に併設された動物実験施設では、年間30〜50頭が実験に使われていますが、この現場でも、動物を使わない方法の開発が模索されました。


人工心臓などの医療機器の性能を評価するために開発された、ラボハートという心機能シミュレータ。この機械が誕生したことで、その施設で使われている動物数の約10分の1にあたる年間3〜4頭のヤギの犠牲を減らすことができたとのこと。
http://www.iwakipumps.jp/products/system/devices/laboheart


このようなモノづくりがもっと広がっていくことを期待します。

余談ですが、ちょうど一年前に放映されたTBSのテレビドラマ「下町ロケット」の第二部ガウディ編は、人工心臓弁の開発がテーマでしたが、その随所にこのシミュレータが登場していました。




化粧品の動物実験と代替法の動向について、朝日新聞に記事が掲載されました。

佐賀県唐津市で開かれた、代替法に関する国際会議Asian Congressについても取り上げられています。


日本動物実験代替法学会会長のコメント「代替法は人への安全性、開発コストの経済性、動物愛護の倫理性のいずれでもメリットがある。研究を加速したい」も重要です。


ぜひご覧いただき、シェアしてください。


化粧品、動物実験なしで 培養細胞・人工皮膚で代替進む 海外での規制に対応

http://www.asahi.com/articles/DA3S12661762.html


化粧品開発、動物実験廃止進む 海外の規制受け研究加速

化粧品における動物実験廃止の動きが世界的に広がり、化粧品にとどまらず医薬品におけるドレーズテストの禁止、さらにはすべての動物実験廃止へ向けて動き出す国も出てきています。


遅れを取っている日本、頑張らなければ。。



朝日新聞より。リンクからどうぞ。(会員登録で全文読めます)


化粧品開発、動物実験廃止進む 海外の規制受け研究加速

http://www.asahi.com/articles/ASJCJ4QW9JCJULFA00Q.html


プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR