1000 messages 1000枚のメッセージは細野環境大臣へ

This is from Nekoneko san.
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11149408492.html?frm_src=thumb_module
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11151090087.html


1,000 messages that we collected from over the world will be submitted to Minister of environment, Mr Goushi Hosono.

The messages contain sooooooooo much of thoughts of the people.
We really hope Mr Hosono will read them, and consider what he should do.

Also, Nekoneko san made a video shooting some of the messages too. I posted it below.



$Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



$Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekonekoさんから転載
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11149408492.html?frm_src=thumb_module
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11151090087.html

******************************************************************************


1000枚のメッセージは細野環境大臣へ送ります。


国内外から集めた、「取り残された動物達への1000枚のメッセージ」。

昨日までの予定では、福島原子力被災者支援対策本部 [福島地域支援室] に、被災者のうさぎのしっぽさん(大熊町の方で現在は仮設暮らし) http://blogs.yahoo.co.jp/w3101t/MYBLOG/yblog.html  を通して、東電説明会等の時に手渡ししてもらう予定でした。

しかし、環境大臣へ陳情書アクションも始まったとのことで、急遽予定を変更して、環境大臣細野豪志さんへ送りたいと思います。

1000枚のメッセージは、世界から、そして子供達からのメッセージもたくさんあります。

部分的でもいい、どうか細野環境大臣に目を通して戴きたい。

メッセージを箱詰めしてる時に涙溢れて来ました・・・ どうしてこんなに悲しまなくてはいけないんでしょうね?

この国では動物の命って何なんだろう?

全ては無理ですが、本日夜にメッセージの動画撮影したいと思います。






取り残された動物達への1000枚のメッセージ 動画


動画撮影したのは数十枚、全てのみなさんの熱いメッセージを撮影することが出来なくてごめんなさい・・・

撮影中に我が家の福島保護猫モモちゃんの泣き声も入っちゃいました(笑) でも、早く仲間に美味しいもの食べさせてあげて!って言ってるのかもしれないです。 

前回同様、バックにはジェイクさんの曲が偶然流れてます(笑)。


※ この貴重な1000枚の今後、色々考えたのですが、環境大臣細野豪志様に送らせてもらおうと思います。 これは国民の声。 小さなお子さんからのメッセージもたくさんあります。 みなさんの熱い気持ちが日本政府に届くことを信じています。



※ つくば市郊外にあるANJシェルターでは、福島県の被災動物(犬猫)を約35頭保護しています。

つくば、筑波、阿見、牛久、土浦、龍ヶ崎、かすみがうら、下妻、守谷、筑西、常総、桜川、石岡、笠間、小美玉、水戸、取手、野田、我孫子、流山、柏 ・・・ 

つくば市周辺の方で、シェルターのお手伝い出来る方(学生さん等も)いらっしゃいましたら連絡下さい。

心有るみなさんで、弱い命を助ける動物愛護活動をしましょう!

また、犬猫用フード、猫砂等のご寄付を募っています。 預かりボランティア 条件付里親様も募集しています。

よろしくお願い致します。 詳しくはANJシェルター里山日誌 http://animalnetworkblog.jimdo.com/  もしくはCAPIN、全国動物ネットワークまで。






******************************************************************************


国内外からの、計り知れない想いの詰まった1000枚のメッセージ。

大臣によーーく目を見開いて読んでほしい!よく考えてほしい。

どうか細野さんの心に届きますように!!



ちなみに、昨年6月にネコネコさんが警戒区域バリケード前で撮影するため募集したメッセージの動画がこちら。







スポンサーサイト

1000 messages on news 緊急のお願い&東京新聞web版に…

This is from Neko Neko San.

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11111102323.html



"1,000 messages for left behind animals" campaign was feautured on a website of Tokyo News Paper (Ibaraki edition) !

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20111219/CK2011121902000051.html


It may be on its' national edition depends on the response from the readers.

So if you can, please send your voice !

https://cgi.chunichi.co.jp/tko/entry/toiawase/toiawase.php



Neko Neko San is also calling for urgent help for 15 cats saved from No-go-zone.

The cats are saved by the members of Animal Network Japan and will be transported to its' shelter called ANJ Shelter tonight.


ANJ Shelter blog

http://animalnetworkblog.jimdo.com/


They need things like 2 steps/3 steps cages, blankets, cat litter, and cat foods.

If you can, please send relief goods to Animal Network Japan. Thank you.



Address: 〒305-0051 2-7-20Ninomiya, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture. Sakamoto Houritsu Jimusho/Animal Network Japan


Tel: 090-6112-7179 Fax: 029-851-5586





動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekonekoさんから転載です。

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11111102323.html



緊急のお願いです! & 東京新聞WEB版に1000枚のメッセージ



○ 緊急のお願いです! 


17日18日に全国動物ネットワークメンバーが警戒区域で15匹の猫ちゃんを保護しました。


今夜、ANJシェルターにその15匹の猫ちゃんがやって来ます。


三段ケージ、二段ケージ、毛布、猫砂、フード等足りません。


ご寄付をお願い出来ないでしょうか? よろしくお願いします!


支援物資 送り先住所


〒 305-0051 つくば市 二の宮 2-7-20 坂本法律事務所 全国動物ネットワーク事務局 迄


TEL:090-6112-7179 FAX:029-851-5586


ANJシェルター 里山日記 http://animalnetworkblog.jimdo.com/



○ そして東京新聞WEB版(茨城)に「1000枚のメッセージ」のことが載りました。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20111219/CK2011121902000051.html


反響次第では全国紙にも載るとのことなので、応援よろしくお願いします! 


助けたい命がある! 


そんなたくさんのみなさんの熱い気持ちを全国紙に載せて、日本政府や命に無関心な方々に知らせましょう!



★  ☆  ★  ☆  ★




東京新聞WEB版から記事の転載です。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20111219/CK2011121902000051.html



***************************************************************



原発事故で残された「ペットも助けて」 1000通のメッセージ届く



つくば市の動物愛護団体の高沢守さん(42)らが、インターネット上などで福島第一原発事故で警戒区域に残されたペット救出に向けたメッセージを募り、国内外から約千通が集まった。


 郵送やファクス、メールで寄せられ、動物のイラストや写真とともに「かわいい犬や猫を助けてください」「見捨てないよ。一緒に春を迎えよう」などと記されている。高沢さんはネット上で公開する予定で「動物が置き去りにされていることを多くの人に知ってほしい」と話す。


 福島県によると、警戒区域では東日本大震災前に約五千八百匹の犬が各自治体に登録されていた。県などが十一月二十三日までに保護した犬、猫は計七百二十四匹。今月から県などが許可した愛護団体が、飼い主の依頼を受けて区域外にペットを連れ出し、団体のシェルターに保護するなどの活動をしている。




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


***************************************************************



ツイート、ご意見などご協力をよろしくお願いいたします!


東京新聞 お問い合わせフォーム

https://cgi.chunichi.co.jp/tko/entry/toiawase/toiawase.php





Photographing of the messages 1000枚のメッセージ撮影!

This is from Neko Neko San.

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11107453810.html



We have collected 1,000 messages for the visual campaign, "1,000 messages for left behind animals", from both inside and out of the country.


Neko Neko San brought them to Tsukuba City, Ibaraki Prefecture and shot.


(They found a great spot and tried to spread the messages but......


It was too difficult to do it because of the heavy wind風


So, they gave up taking photos there.

And planning to do it indoors, (at a gym) instead.

We are sorry for the changing plan.)



We are thinking about photographing each messages, and video shooting later.


He was interviewed by a reporter from Tsukuba branch of Tokyo News Paper !

It may will be featured on Ibaraki edition, and if it has a response from the readers, may will be on the national edition and web.


We are sending these photos to the medias, animal rights groups and Governments of both in and out of the country.


Also thinking about showing them to the members of the Diet, such as Ishiba reps.


If you have a good idea for using these pictures in effective way, please let us know !! Thank you.


The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated."

by Gandhi.




動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekoneko




動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekoneko




動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekoneko



動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekoneko





動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekonekoさんから転載です。

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11107453810.html



*************************************************************


「取り残された動物達への1000枚のメッセージ」 国内、そして世界から1000枚の命のメッセージが集まりました。


福島第一原発20キロ圏内警戒区域。 そこに現在も置き去りにされたままになっている多くの大切な命。 犬 猫 牛 羊 豚・・・


命を救いたい。 ただそれだけ。 それだけの願い。 それだけの思いの1000枚です。


飼主さんの依頼のあった子だけ? 救出活動が出来るのは27日迄? 


命を区別しないでほしい・・・ 残された子達はみんな泣いている。 みんな生きようと頑張っている。


命の救出に期限を設けないでほしい・・・  救える命はまだまだたくさんある。 


救出が無理ならば、給餌給水を認めて欲しい。 人の責任として、頑張っている命を見捨てないで欲しい。


それが日本政府に対する世界からのメッセージです。


The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated."

"国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る" 


マハトマ・ガンジー



動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekoneko


※ 画像は動物達の為にならどうぞご自由にお使い下さい。 転載も問題ありません。 


お借りしたスペースの時間の関係上撮影出来ませんでしたが、個別に撮影した画像や動画配信も検討中です。 


*****************************************************************



国内外の皆さまからのメッセージ、本当にありがとうございました!


改めてこうして見てみると、圧巻です。ひとつひとつ読んでみると、ぐっときます…しょぼん

皆さんの訴え、怒り、優しさ、動物たちへの強い想いがひしひしと伝わってきます。

この写真から、すごいパワーを感じますキラキラ


この日の撮影には、東京新聞のつくば支社の記者さんが取材に来てくださいました!


ですので掲載されるとすれば茨城版になると思いますが、反響が大きければ全国版やwebにも載るかもしれないそうです。


もともと本社からの連絡で来てくださったので、全国版に掲載されることを祈ります!


また、メッセージの写真は、国内外のメディアや政府、愛護団体へ送ったり、石破議員など動物のことに動いてくださる議員さんに見てもらう、何かのイベントでの張り出しなどを考えていますが、皆さんからも、もし有効な使い方のアイデアがありましたらぜひ、お知らせいただけるとうれしいです!





1,000 Messages in Hirono Town 1,000枚のメッセージ広野町編

This is from Nekoneko San.

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11098272946.html


He brought the 1,000 messages with Akiko San to Hirono Town, Fukushima to take photos on 12/3.


They found a great spot and tried to spread the messages but......

It was too difficult to do it because of the heavy wind風


So, they gave up taking photos there.

And planning to do it indoors, (at a gym) instead.


We are sorry for the changing plan.

We will post the photo after we succeed to do it at the gym.


And finally, we have collected more than 1,000 messages !!

Thank you all so much !!




動物救援隊 東京福島茨城救援部隊 nekonekoさんから転載です。

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11098272946.html



***************************************************************



nekonekoの命を巡る旅 1000枚のメッセージ 広野町 つくば編



動物救援隊 東京福島茨城救援部隊 nekoneko



動物救援隊 東京福島茨城救援部隊 nekoneko


動物救援隊 東京福島茨城救援部隊 nekoneko

12月3日 早朝


1000枚のメッセージ 広野町での撮影当日。


スタッフ集合時間 かなりの雨 現地も一日降るらしい。 延期決定(涙)。 


既に高速にのって向かってしまっていたみかんさん、ごめんなさい!



同日 PM3時


雨あがる。 歯ぎしり・・・


明日は曇りのち晴れの予報。 スタッフは自分とあきこさんしか参加出来ないけど明日しかない!


明日の早朝つくばからあきこさんの車で出発します。



同日 PM10時30分


TXつくばエクスプレスホームでコスモスさんとメッセージの受け渡しの為待ち合わせ。 快速つくば行き最終時間まで、30分程コスモスさんの愚痴を聞く。



12月4日 PM0時


つくば着。 ガストで食事。 出発時間のAM4時まで粘る。 



AM4時


あきこさんつくば駅に到着。 広野町に向けて出発。 



AM7時


広野町到着。 Jヴィレッジを見る。 日本代表も利用していた立派なグラウンドは現在は原発作業員の方々の仮設住宅。 


広野町Jヴィレッジ付近は自衛隊車両、警察車両、警備員でいっぱい。 しばらく車でグルグルと。


何処のお店も営業はしてないらしい。 街に住民の方達が安心して戻って来る日はいったいいつになるのでしょう? 


Jヴレッジ裏の警戒区域。 あきこさん立ち入り禁止の看板が目に入らなかったのか、車で警戒区域に突入(爆)、しばらく走る。  


ne  「あきこさん、ここ警戒区域ですよ」 あき 「えっ?」 


気がつくと周りは自衛隊車両と警察車両のみ。 危うく拘束寸前(笑)。 Uターン。



AM8時


撮影に適したいい場所を探すのに民宿を訪ねる。 玄関を開けると、なんと猫フードがある!


これは協力的な人がいるのか!? テンション上がる。


民宿の支配人さんにフードのこと尋ねると、やはり野良を可愛がってくれている方でした。 今は2匹。 この近辺も多くの愛護団体が来て、犬猫を保護して行ったとのこと。


いつ封鎖されてもおかしくない地域なので、保護できる時にとたくさんの団体が入ったのでしょう。 


動物達からすれば、住み慣れた所から連れ去られ、悲しい思いをしているのかもしれませんが、なんとかしてあげねばという人間の優しさも感じる。


色々考えさせられます。 やはり、人間、動物の運命、全てを変えてしまったのが原発事故・・・ 



AM9時


山道を走っているとついに発見! 封鎖ゲート! しかも周辺は民家も何もない。 ここしかない!


早速作業開始。 約10枚単位で貼り付けられたメッセージを路上に並べ始める。


しばらくすると巡回中の方々(自治会?)現る。 注意されるかな?と思いきや、事情を話すと、「そういうのもっとやった方がいいよ! 線量は高いから気をつけてね」。


応援されました(笑)。


しかし、作業の方は・・・ 南相馬の時以上に風がある。 枚数が少なかったあの時でも風で大変だった。


しかも今回は半端ない数。


そして考えていた以上の最悪に事態が・・・ 強風、突風・・・


固定するのに用意していたガムテープも意味ありませんでした。 紙が破れてしまう。 一瞬の突風でメッセージが飛んで行ってしまいます。


オモリのせてもダメ、ビニールシートに貼り付けてもダメ。


ダンボールに貼り付けるなんてのも考えたのですが、ダンボールも途方も無い数が必要。


しばらく考えて中止を決断しました。


屋外は天候や風に左右される。 何処も封鎖されている近辺は山に囲まれているので風がある。 スタッフの日程調整も大変・・・ もう屋外の撮影は断念するしかありません。


代替えとして、体育館を借りての撮影に変更します。 


メッセージご協力して戴いた皆様、当初の予定を変更することになりました。 申し訳ありません。



AM11時


広野町を後にして帰路へ。



PM2時


つくば着。 そのまま全国動物ネットワークのシェルターへ。 ここには、福島からのお預かり猫ちゃんが、現在10匹程います(今後ワンちゃんネコちゃん増える予定)。


猫ちゃん達は、健康な子、病気の子と部屋が別れています。 いい里親さんが見つかり、みんな幸せになってもらいたい。


シェルターのことはこちらで http://animalnetworkblog.jimdo.com/


支援物資、ある程度定期的にお手伝いに来れる方、よろしくお願いします。


今後、nekonekoもシェルター手伝い頑張ります。



PM6時


シェルターのお手伝いが終わり、ようやく帰路に。 あきこさんお疲れ様でした! 



1000枚のメッセージの撮影は、色々と裏目裏目に出ていますが、一休みしてからまた頑張りますのでよろしくお願いします。 ここ二日、ちょっと精神的に疲れた・・・



**********************************************************




nekonekoさん、あきこさん、寒い中本当にお疲れ様でしたm(__)m

強風にはかないませんね風ショック! 枚数が枚数ですし…


体育館を借りての撮影、できるといいです!

またご報告いたします。


ちなみに枚数ですが、最終的には1,000枚弱集まりました!!

たくさんの想いが詰まったメッセージ、本当にありがとうございました!!



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

We are still collecting messages! メッセージ二次募集開始! 

From NekoNeko sanネコ

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11081381030.html



Thank you so much for your messages !!

Every time when I get the messages with your thoughts, that makes me cry.


Unfortunately, we haven't been able to collect 1,000 yet.

So we are still accepting the messages !


We are aiming to take a photo infront of the 20km barricade, but also considering about using this more effective way. (For example, asking Ishiba reps to show it at the Diet)


If you have an idea, please let us know !

We need your continuous support ! Thank you.



2nd registration period is 17 Nov (Thr) to 24 Nov (Thur), until 8 pm.

Deadline for people in overseas: 29 Nov (Tues), 8 pm.


FAX 

①03-3605-5697 

②03-5704-4345

③0287-64-1238


Email

sakamoto1@mopera.net  

help.fukushima.animals@gmail.com  



Please send separately (using both addresses) if you can send some.


Please avoid writing your personal information due to photo taking and videotaping.





動物救援隊 東京福島茨城救援部隊 nekonekoさんから転載

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11081381030.html



皆様、取り残された動物達へのたくさんのメッセージ、本当にありがとうございました。


尊い命を救いたいという強い思いがこもったみなさんのメッセージを見ていると、胸がいっぱいになり涙が溢れます。


どうしてこの国では、弱い命を助けることが許されないんでしょうね? この国では弱い命を見捨てることが正しい行いなのでしょうか?


動物達はいつも人間の犠牲。 言葉を話せないのをいいことに。



そしてメッセージですが、残念ながら目標の1000枚にはまだ到達していません。


引き続きメッセージの2次募集をしたいと思います。


そして集まったメッセージは、封鎖ゲート前での撮影が目的ですが、さらに何か有意義に使えればとも考えています。 (例えば石破茂さんに送り、国会で披露してもらうとか)


何かいい案があればそちらもよろしくお願い致します。
 


☆ 取り残された動物達への1000枚のメッセージ ☆ メッセージ二次募集 ☆


一人何枚でも結構です。メッセージ(写真や絵等でも)ご協力よろしくお願い致します。 

FAX、メールによる第ニ回メッセージ受付期間 11月17日(木)~11月24日(木) PM8時迄


FAX 03-3605-5697  FAX 03-5704-4345  FAX 0287-64-1238


メール sakamoto1@mopera.net  メール help.fukushima.animals@gmail.com  


※ メッセージは、写真動画撮影をしますので、住所の記載は避けて下さい。

動物救援隊 featuring 佐々木部隊 presents 「取り残された動物達への1000枚のメッセージ」






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR