富岡、楢葉、広野、いわきあたりで子猫の里親さん募集! 昨日の福島活動報告

ネコネコさんからです。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12317828888.html



 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます!

 

昨日も福島原発地域の猫達にたくさんのご飯を運ぶことが出来ました!

 

昨日の活動報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の午前中は雨。

 

福島到着前の常磐道関本SA。

 

ここのファミマでハッシュポテトとウーロン茶と眠気覚ましのガムを購入。

 

自分がコンビ二で何買ったとか、別にどーでもいいことですけど(笑)

 

あっ、福島のセブンやファミマでは最近クリームボックス置いてるんですよ!

 

クリームボックス美味しい!

 

てか、これもどーでもいいことですね・・・(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楢葉町某給餌場。

 

周囲に何もない場所は色々と工夫しなければならないので大変です。

 

でも最近ここの給餌場は比較的穏やか。

 

猪君達がいなくなったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で! この日は嬉しいことが!

 

解体間近の家屋の屋根の上。 何か動いている・・・ とよく見てみると。

 

なんと! 数年前にリリースした三毛!

 

あの半分が黒の顔は忘れもしません。

 

捕獲器の中でシャーシャー。 リリースした時もシャーシャーいいながら一目散に逃げて行った三毛。

 

あー生きていてくれたんだ(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その三毛を発見した家屋も解体間近。

 

ご飯だけはしっかり運ぶから頑張って生きるんだよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの日は、給餌活動終了後、楢葉町協力者様からのご相談対応。

 

その協力者S様の事務所に到着すると、早くも事務所横にニャンコが見えます(笑)

 

ここも先週のUさん宅と同じで、以前TNRして、その後は協力者様に給餌お任せしていた場所。

 

で、相談とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこれ(笑

 

ここもUさん宅と同じで、捕獲出来なかった子が産んでしまいましたー(汗)

 

今月末のいながき動物病院さんが、いわきに来る日に合わせて親猫達の手術をしないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒猫ちゃんがママ。

 

子猫は5匹。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子がパパかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさんにとても懐いている子猫達。

 

一応、この子達の里親探しをSさんが楢葉町でしていますが。

 

Sさんは、いい里親さんが見つからなかったらこの子達の面倒を見ると話しています。

 

それに、楢葉のMさんからも、「決まらなかったらうちに連れておいで!」

 

と嬉しいお言葉。

 

楢葉町は原発事故前は7000人以上が暮らしていた町。

 

現在、帰還されてる方々は700人ぐらい。

 

事故前の10分の1という寂しい状況ですが・・・

 

猫達の不妊手術をする、手術費用を出してくれる、何かあれば相談してくれる。

 

この子達もみんな原発事故の被害者だから・・・ との思い。

 

帰還された住民さんの間で、確実に動物愛護の精神が芽生え始めています。

 

みんなあの時、動物のことで悲しい思いばかりされた方達ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mさん経営の楢葉町ファミマで里親募集の張り紙張ってくれてます。

 

もし、楢葉や広野、いわきなどでこの子達の里親希望の方がいらっしゃれば自分にご連絡下さい。

 

楢葉のSさんに繋ぎます。

 

誰でもいいと言うわけにはいかないので、まずはお電話で。

 

まぁ、最低限の条件は、何があっても生涯大切に面倒見てくれる方。 それから完全室内飼い。 ですかね

 

不妊虚勢手術はチビ達が手術出来るようになったらSさんがするそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢
スポンサーサイト

福島ネコ歩き 昨日の福島活動報告

ネコネコさんより。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12314821080.html



 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます。

 

昨日も福島原発地域に生きるニャンコ達に、たくさんのご飯を運ぶことが出来ました。

 

昨日の活動報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体された楢葉ニャンコリゾート跡地。

 

去年末に我が家に来た4匹が暮らしていた場所。

 

また重機が入ってました。

 

猫達がご飯を食べに来ているので餌場が破壊されないことを祈ります。

 

3~4匹の猫達が今もご飯を食べに来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この餌場もついに解体され何もなくなってしまいました。

 

でもここは大丈夫。

 

柵の向こうに新たな餌場を作ってあります。

 

ここは8匹の猫達がご飯を食べに来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給餌活動終了後は、TNRで山間部のUさん宅へ。

 

昨年、LYSTAさんに協力してもらい行ったTNRの時、捕獲器にどうしても入らなかった子。

 

と、その子が産んでしまった(涙子供達。

 

新たに何処からか流れて来た白猫。

 

歯に何か詰まっていて、ご飯がよく食べられないとUさんが気にしているサビ(上の画像手前。この子は手術済み

 

今回は計6匹の捕獲が目標。

 

Uさん宅に到着すると、いつものことですが敷地内にニャンコ達がたくさん。

 

今度、Uさん宅ニャンコツアーでも企画しようかな(笑

 

懐く子はいないんですが・・・ でも敷地内にいつも猫達がちょろちょろしてて面白いですよ(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uさん宅敷地の周囲は猪避けネット。

 

でもニャンコ達は、ネットなんて問題なーし!と出たり入ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっちにもこっちにもニャンコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうではニャンコ達が集会中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに何処からか流れて来た白猫ちゃんは、Uさんを玄関前で待ってるようです。

 

でも、Uさんが出てくると逃げちゃうんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の下なんかも覗いて見ると・・・

 

やっぱりここにもニャンコがいます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ニャンコの観察してる場合じゃないですね。

 

早く捕獲器を設置しなければ日が暮れてしまいます。

 

上の画像の子は今回どうしても入ってもらいたい子。

 

昨年のTNRの時は三日粘りましたが入らなかったんです。

 

そして子を産んだ・・・(汗)

 

今回はなんとしても!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、人前には現れるけれど警戒心はとても強い。

 

入ってくれるかなぁ。

 

なんて考えながら次々と捕獲器を仕掛けてると・・・

 

バシャ!っと、捕獲器の閉じた音が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や、やったーーーーーーーーーーーーっ!

 

他の捕獲器をまだあちこちに設置してる段階で入ってくれましたよ!

 

これは嬉しい誤算だ~(涙

 

明日の手術まで狭い場所で時間長いけど我慢してね。

 

あとは5匹。

 

手術済みの子も入ってしまうから、多くは期待出来ませんが未手術の子があと1匹でも入ってくれれば。

 

とにかく捕獲器の設置だけはしてあとはUさんにお任せ。

 

この日、自分は帰らくてはならないので東京に帰ることに。

 

 

 

そして、本日の昼頃、Uさんに電話入れてみたところ、未手術猫3匹が入ってくれたとのこと。

 

良かった。 本当に良かった。

 

Uさん宅に集まる子達のTNR、いながき動物病院さんの予定にあわせるので次回は来月か再来月かな。

 

とにかく今回は収穫でした。

 

 

 

福島ネコ歩き。Uさん宅ニャンコツアーも参加者募集中(笑)

 

参加費はボラお手伝いで無料になります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢




やばいよ! やばいよ! 先週の福島活動報告

ネコネコさんより。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12310538536.html



 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます!

 

今日も福島原発地域に生きる猫達の命が繋がっています。

 

先週の福島活動報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週は給餌活動の合間に捕獲器の大移動も。

 

今まで捕獲器を置かせてくれていた楢葉のSさん宅が、帰還を前にしてリフォーム。

 

今後もSさん宅には捕獲器を置かせてもらえるのですが・・・

 

工事で暫くは邪魔になると思い、全ての捕獲器やキャリーなどを別の協力者様宅へ移動することにしました。

 

新たな捕獲器置き場は楢葉町山間部にあるUさん宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさん宅には引き続きフードは置かせてもらいますが。

 

しかし、今まで給餌場にしていた小屋が解体されてしまいました。

 

今度の給餌場は何処がいいか、広いSさん宅敷地内を探していたら、Sさんから犬小屋を使っていいとのありがたいお話。

 

ワンちゃんはもう旅立ってしまったので、これからはニャンコ達の命を繋ぐ大事な餌場として犬小屋を利用させてもらうことになりました。

 

Sさん、天国のワンちゃんありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

給餌活動と捕獲器の大移動が終了した後。

 

捕獲器移動をした山間部のUさん宅へ午後からもう一度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uさん宅に到着すると、外猫達がちょうどご飯もらってました。

 

歯に骨のようなものが詰まっていてうまくご飯が食べられないと、Uさんが心配しているサビの姿も。

 

なんとか保護出来ればいいんだけど。

 

Uさんでも近ずくと逃げてしまいます。

 

たくさんの子達がいる中で、目的の子だけ捕獲器に入れるのはかなり困難ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uさんと立話してると、あちこちからニャンコ達が集まって来ました。

 

でもみんな遠くでこちらを見てるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uさん宅に集まる子達は20匹以上もいるのにみんな人に近づかない。

 

やはり人がいない警戒区域で産まれた子達がそもそもの親

なので、子供達も人には警戒心があるのかな・・・

 

画像上の2匹だけが唯一近くに行くことが出来る子達なんだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、午後から再びUさん宅に来たのは、移動した捕獲器の清掃で来たのもありますが。

 

まだ見手術の子達がいるので、その子達の捕獲と、歯に何か詰まってるサビ捕獲の打ち合わせ。

 

と・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・ と・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・ これ。

 

未手術だった子がUさん宅倉庫でチビを誕生させしまいました(汗)。

 

やばいよ やばいよ・・・ 出川じゃないですけど。

 

あれだけ手術したのに、ふりだしに戻ってしまいます(汗)

 

なんとか未手術の子達の手術をしなければ。

 

あと、もう暫くしたらチビ達も・・・

 

Uさんも高齢なので色々と難しい。 自分も楢葉行ける日は限られる。

 

何かしら楢葉のTNRお手伝い出来る方はご連絡下さい!

 

 

 

 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢



のこされた動物たち

もーす (太田康介)さんからです。

http://uchino-toramaru.blog.jp/archives/18467706.html



のこされた動物たちに出会いました
                                              
                                              
                                              
                                             
「えさ台」が設置してある所から

さほど遠くない場所








l8973

人を知らない

震災後に生まれ

誰にも頼らず生きてきた猫です






l1658383729_o


毎回ほとんど猫に会うこともなく

続けている給餌活動ですが

彼らに「えさ台」が役に立っているのなら

これほど嬉しいことはありません








l1280142


先日 救急車で搬送されてしまった赤間さん

体力のいる犬の散歩は ご身内の方々や

ボランティアの方々にお願いして

60匹の猫たちのお世話はぎりぎりできている状況








l1311142629_o


こっちへおいで

怖がらなくていいから

そう思いながらシャッターを切りました







l8978


でも

人間を信頼できる要素など何もない中で

産まれ 生きてきた子たちには

私の浅はかな想いなど伝わるわけもなく

猫は去っていきました







人間に裏切られた子たちに対して

なんとか許しを請うために

赤間さんは活動しています

赤間さんを支援する人

独自で活動している人

皆 彼らに詫びながらの活動をしています




私たち人間が仕出かしたことのために

犠牲になっている動物たちは

福島の汚染の残る地で

今もひっそりと生きているのです






やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
10-18発売
予約受付中!










”閲覧注意【9月3日の活動報告 (その2)】命を殺めることに罪の意識を感じない、愚かな人間”

ディア・ママさんより。
https://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-12309134397.html



9月3日の活動報告は、(その1)(その2) の2回に分けていたします
 
本日は、(その2) です。
昨今起こっている動物虐待事件も、被災地で起こっている野生動物殺害も、命を殺めることに罪の意識を感じない人間が起こしている事。
未来を担う子供たちが、そんな大人の姿を見てどう育っていくのか?
とても心配です。
私たち大人に何が出来るのか、何をすべきか。
流血画像が多数出てきますが、これは現実なので是非最後までご覧ください。
 
 
*~*~*~*~*~*~*~*~
 
2011年3月11日、世界を震撼させた
東日本大震災が日本を襲いました
そして翌日には、福島原発事故が…
 
原発事故により福島第一原発20キロ圏内警戒区域に指定され閉鎖されました。
 
 
人が消えた町、被災地
そこには、徐々ではありますが野生動物姿を現しそこで生活をするようになりました
それは当たり前の事です。
人がそこに住むことをやめた無人の町なのですから。
天敵である人間が去っていったのですから
 
 
しかし、原発事故がおき3年が経とうかとしている頃からのことです。
野生動物たちは、突然そこで生きることを許されなくなり、その命を奪われはじめました
 
原発事故から7年目被災地はというと…
 

 

6月に一度こちらでご報告しましたが、野生小動物次々と捕獲され殺されています

閲覧注意【6月24日~25日の活動報告 (その3)】同じ命なのに、こんな残酷な殺し方をするなんて

 
原発事故からすでに長く時間が過ぎていることもあり、
避難した住民の殆どは避難先で既に生活の基盤ができあがっていることもあり、この地には戻ってきません
そのため被災地では、民家が次々と解体され更地ばかりになっています。
それでも以前に比べると一時帰宅される方も増えてきました。
そこで目につくのが野生動物
だから、捕獲して殺す
 
 
確かに朽ちた家屋に入り込んで住み着いている子達もいるかと思いますから迷惑なのは分かります。
でも、だからと言って殺すというのはどうなのかと思います。
 
そこに住むことをやめ去っていったのは人間です。
その誰もいなくなった地で生活し続けてきたのは野生動物です。
 
今被災地にいる野生動物たちは、この地で生まれ育った子達です
いわばその子達にとっては、ここが故郷
それが突然現れた人間に捕獲され殺処分される
 
▲罠にかかってしまい、涙を流す子供のラスカル
 
これは9月3日の活動時に見つけた流血痕
 
 
 
 
 
 
全部違う流血痕で、驚くことに1つお宅の敷地内で見つけた流血痕です。
家主さんに伺ったところ、アライグマは筋弛緩剤で安楽死されると仰っていましたが、敷地内にはこんな沢山の流血痕があり
 
 
罠を見てみる・・・・
 
 
大量の流血痕がありました
筋弛緩剤で安楽死は嘘のようです。
 
家主さんも驚いていらっしゃいましたが、こんなに流血痕があるのですから本当に知らなかったのか…
なお、子供のアライグマは罠の中で暴れて注射が出来ないので罠ごと川に沈めて殺すらしいと家主さんから伺いました。
怖かった。
その話を顔色1つ変えず話していらっしゃることが、怖かったです。
 
アライグマは、特定外来種だから殺処分していいと言われる方もいらっしゃるかと思います。
でも、そのアライグマを日本に持ち込み手に負えなくなったから野に放った人が悪いのであってアライグマには罪はありませんし、同じ赤い血が流れ哺乳類で同じ命です。

殺処分というコトバ自体違和感がありますが、
殺処分 = 殺し です。

 

あの未曾有の大惨事を人間動物も一緒に生き抜いてきた筈なのに、あの時誰しもが命の大切さを思い知ったはずなのに…

その被災地で、こんなにも酷いことが行われているなんて、あまりにも悲しすぎます

 

復興のために人里に降りてきた野生動物が邪魔になっているのなら

復興の象徴として捕獲し野生動物園を作って町おこしをしたらいいのではないでしょうか?

そうすれば雇用の確保にもなります。

国民が納めている血税復興税を有効に使って欲しいと思います。

 

それは理想論と言うのならば、殺処分せざる得ないというのならば…

 

感電死や

生き埋めや

撲殺や

川で溺死 ではなく

せめて

苦痛と恐怖を与えない

安楽死をするべき

命に尊厳を忘れないで欲しい
 
安楽死させるため復興税を使って欲しいと願います。
 
被災地に4月にオープンしたホームセンターが1つあり、その店内には、こんな恐ろしいものが陳列されています。
 
 
野生動物捕獲するために一般の人がこれらを購入しているそうです
 
猪用の罠には、届け出などが必要だと注意書きがされていましたが
 
他の罠に関しては特に注意書きはありませんでした
確かアライグマなどを殺処分するには資格 (届け出) 必要だったと思うのですが…
 
これは、このお店にあった捕獲器
 
 
この罠、見覚えありませんか?
 
 
この鬼畜が使っていた捕獲器です
 

 

捕獲器は、使う人や目的によって、命を救うための道具にも、殺めるための道具にもなります。

命に関わる道具です。

その捕獲器が、誰でも購入できる。

たとえ鬼畜でも。

 
捕獲器を購入するにも制約を設ける時期になっているように感じます。
資格が無理でも、購入時に身分証明書を提出するだけでもいいので。
例えば、使い方1つで命を奪うことができる劇薬を薬局で購入する時と同じように。
身分証明書の提出を義務付けるだけでもかなり抑止力になると思います。
もうそうしないと命を殺めても罪の意識を感じない輩の行動を止めることが出来ないのではと思います。
 
 
野生動物の殺処分も、動物虐殺事件も殺しです
そんなことが当たり前のように起こっている
命を殺めて平然としている愚かな人間がいる
そんな大人たちの背中を見て育つ子達の心が心配です
そんな子供たちが生きていく未来が心配です
とてもとても心配です
いまのうちに大人たちが何とかしないと…

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~
 
 

*福島・被災地での活動に関するご支援のお願い・里親様募集中の猫さん情報についてはコチラをご覧ください。 

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR