圧をかけるような動物ボラはいらない 昨日の福島活動報告

ネコネコさんからです。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12384404677.html


 

 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます。

 

昨日もたくさんのご飯を福島ニャンコ達に運ぶことが出来ました。

 

昨日の活動報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は一日雨。

 

最近、活動日はかなりの確率で雨(涙)。

 

ここ数ヶ月の活動日で晴れた日は1回だけかも。

 

 

 

楢葉町の某給餌場到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期は草刈を少しさぼるとすぐに餌場が埋もれます。

 

この日は完全に給餌箱が見えなくなってました。

 

まぁ、ニャンコ達はこれぐらいの方が安心してご飯食べられるかな?

 

 

 

せっせとフード補充して次の給餌場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年かぶりに福島の活動に広角レンズ持参しました。

 

今まで福島で使うレンズは重いので望遠一本。

 

何故急に広角レンズ持ってきたかといいますと・・・ 新しいカメラバッグを購入したからですよ~(笑)

 

 

 

で、急にレンズを何本か持参したくなったんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楢葉での給餌活動を終え、今月末に予定してる広野町某所でのTNR現場へ。

 

さっそくニャンコ達いましたよ。

 

黒白ちゃんがキジトラちゃんと小競り合いをしていました。

 

雨の中元気!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路なので車来たら危険。

 

喧嘩やめときな~

 

 

 

でも、この小さな集落はみんな優しい方ばかり。

 

猫達がいる場所知ってるのでその周囲はみなさん車ゆっくり走ってくれています。

 

 

 

最初のTNRの時、準備中に何人かの住民さんが猫ちゃん達をどうするんですか?

 

って集まって来てくれました。

 

ご飯をあげてくれているおばぁちゃん以外にはTNRのこと話してなかったので皆さん心配してのでしょうね。

 

 

 

ニャンコ達は住民さんや自警団さん達に守られていて幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回のTNRで敷地庭に捕獲器かけさせてもらう為、おばぁちゃん待ってましたが・・・

 

この日はお留守かな?

 

暫く待ちましたがやはり不在のよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニャンコ達もおばあちゃんがいないのでお腹空いているよう。

 

喧嘩しないよう何ヶ所かに分けて軽くおやつあげました。

 

 

 

画像の白い子は未手術。

 

今月末は捕獲器入ってくれるかな・・・ 未手術の子達だけ一日で捕獲は難易度MAXですよね。

 

 

 

でも、とにかくやらなければ進まない。

 

今月末はまた広野猫ちゃん達のTNR実施します。

 

お手伝い参加出来る方は是非ご連絡下さい!!

 

 

 

そして・・・

 

画像とは別の地域の広野猫ちゃんのことで、実は最近少し気になっていたことがありました。

 

気になっていたというか少し心配事。

 

 

 

でも、昨日はその地域の方とちゃんとお話することが出来て安心することが出来ました。

 

人はやはり話さなければ。

 

そして相手の立場のことも考える。

 

 

 

動物ボラさんの中には、自分の思うようにいかないと、ヒステリックになったり、一般の方や同じボラさんに圧をかける方もいる。

 

それは絶対にいけないことだと思うんです。

 

そんなことは動物ボラの評判を下げ、動物達の幸せを遠ざけてるだけ。

 

 

 

動物ボラが本当に怒ることは、動物虐待だったり、本当に一部のことだけですよ。

 

 

 

とにかく昨日は心が晴れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢
スポンサーサイト

「原発支えた」自責、犬猫1000匹の命救う 福島・浪江の建設会社経営者

東京新聞からです。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018053090135447.html?ref=rank

 

「原発支えた」自責、犬猫1000匹の命救う 福島・浪江の建設会社経営者

2018年5月30日 13時55分

 

東京電力福島第一原発事故で全町避難を強いられた福島県浪江町で、建設業を営む赤間徹さん(55)はこの七年、飼い主とはぐれたり事故後に生まれた犬や猫を保護し、新たな飼い主らに引き渡してきた。その数、約千匹。事故がなければ飼われ続けていたはずの動物を見捨てられなかった。根底には「自分は原発で食ってきたから」という自責の念がある。(内田淳二)

 

 常磐自動車道浪江インターに近い人けのない集落に、犬や猫の鳴き声でにぎやかな自宅がある。犬小屋で寝ていた雑種の大型犬「マック」が赤間さんの声を聞き、大きなあくびをした。

 

 六年前の秋、福島第一原発がある双葉町で、民家の庭先に迷い込んでいた。当初はけがや皮膚病で毛が抜け、やせこけていた。元の飼い主は避難先の事情で引き取れないといい、ここで暮らしている。

 

 赤間さんは十八歳で福島第一原発の配管などの溶接を始めた。四十七歳で建設会社を起こし、原発の維持管理に関わってきた。

 

 子どものころから犬が好きで、事故前には浪江町の自宅に十四匹を保護。事故後は廃炉作業に携わりながら、避難先の郡山市からの車での行き帰りの途中、犬や猫を見つけると保護し、愛護団体やインターネットを通じて飼い主を探した。現在は犬二十二匹、猫六十匹と暮らす。

 

 一昨年十一月に夜も自宅に滞在できる準備宿泊が始まるまで、毎日通って世話をした。えさ代に加え、車の燃料代がかさんだ。東電からの賠償金では間に合わず、貯金を取り崩した。知り合いから「何で他人の犬猫のためにお金使ってんだ」と不思議がられても、やめなかった。

 

 「自分はずっと原発で食ってきた。その原発の事故さえなければ、動物たちは人と一緒に暮らせていたのに…」という思いがある。

 

 廃炉に携わるのも、同じ自責の念から。「除染の方が危険も少ないし割もいいんだけど」。原子炉近くで、放射線を防ぐ鉛のベストを着ても五分しか作業できない現場も経験した。

 

 ただ、会社は開店休業中。事故前に二十人いた従業員は各地に避難し、残った六人も除染をする会社などに移った。自宅は帰還困難区域に近く、放射能への不安から妻(59)や三人の子は今も避難先にいるため、一人暮らしが続いている。

 

 「一緒にやっぺ」と言ってくれた獣医師ら仲間たちが支えだった。「あなたが倒れたら大変。何でも送るから」と、何度も食料を送ってくれた支援者もいる。「この七年、悪いことばかりではなかった。事故前には出会えなかった人たちと出会えた。これからもできることをやっていきたい」。顔をほころばせ、犬と猫をそっとなでた。

 

(東京新聞)

 

自宅で保護している犬をなでる赤間徹さん=福島県浪江町で

自宅で保護している犬をなでる赤間徹さん=福島県浪江町で

 

 

”みんな元気で安心しました。 一昨日の福島活動報告”

ネコネコさんより。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12374774887.html



 

 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます。

 

今回も福島残されたニャンコ達にたくさんのご飯を届けることが出来ました!

 

一昨日の福島活動報告です。

 

 

 

その前に。

 

広野町元住民のO様、今回本当にありがとうございました。

 

本当に助かりました!

 

 

 

画像上は美味しそうに水を飲む広野町ニャンコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、活動報告です。

 

午前中は楢葉町ニャンコの給餌活動。

 

 

 

楢葉町某給餌場に到着すると・・・ 管の給餌器がない!

 

と、思って焦ったら、草村に埋もれてました。

 

 

 

毎年のことですが今年は早い気がする。

 

これからの時期は草村に潜って活動することが増える。

 

虫除けスプレーは必需品です(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楢葉町の給餌活動を午前中で終え、午後から今回も広野町へ。

 

前回TNRリリースした18匹のニャンコ達。

 

みんな元気にしてるかな?

 

 

 

広野某所に到着すると・・・

 

いましたよ~ ダンボールの中に5匹(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広野町のKさんとお話しているとあちこちからニャンコが出て来ます。

 

Kさんによるとみんな元気だそう。

 

 

 

今回のTNRもまだ小さい子達がいたので少し心配でしたが安心しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このエリアのニャンコ達。

 

未手術の子はあとどれぐらいいるんだろう?

 

 

 

この日は周辺を散策したり、住民さんに尋ねたりのリサーチ活動。

 

Kさんが知ってる子達で未手術の子はあと2匹だそう。

 

 

 

ですが、1匹は何処かで産んでいる可能性があるそう。

 

たしかにその子は捕獲の日、お腹大きかったんです。

 

あの時、捕獲器に入りそうで入らなかった(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kさんとそんな話をしていると、Kさんも知らない子登場(画像上)。

 

当然、未手術。

 

 

 

周辺はまだかなりいるな(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこのエリアはあと10匹ぐらい手術しなければならない子達がいそう。

 

捕獲器に入らなかった子達は警戒心の強い子達。

 

今後、その子達だけピンポイントで捕獲するのは本当に難しい。

 

 

 

とにかく今後、予算がある時に地道にやっていくしかないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次回の福島活動日は17日(木の予定。

 

参加ご希望の方は一度ご連絡下さい。

 

 

活動の後方支援(応援ご支援)、情報拡散での応援も大歓迎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢

皆様に大感謝! 広野町第一回TNR活動終了 & 4月活動収支報告

ネコネコさんより。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12371704410.html


 

 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます。

 

25日~26日の福島活動報告と、少し早めですが4月1日~26日までの収支報告です。

 

 

 

多くのニャンコ達が未手術のままでいる旧原発避難地域 広野町。

 

とにかく自分が知ってしまったエリアだけでもしなければと。

 

皆様からのご支援で、25日26日と車中泊で第一回目の広野猫TNRを決行しました。

 

 

 

25日午後。

 

現地に到着すると、早速ニャンコの姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楢葉の給餌活動は翌日にして、まずは広野町某所で捕獲器設置です。

 

周囲にはニャンコ達がいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい子も結構います。

 

これから少し怖い思いさせてしまうのが辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫達を怖い思いさせてしまうので出来ればTNRなんてしたくない。

 

いつも思うんです。

 

 

 

でも増え続ければ動物達は必ず不幸になる。 人間の手によって。

 

それを知っているからやらなければならないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAPINシェルター時代からのボラ仲間、もふなさんも車中泊で今回頑張ってくれました。

 

日が暮れないうちに捕獲器設置の準備

 

台数が多いので準備に時間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんと!

 

捕獲器設置当日でなんと12匹が入りましたよ!

 

一台の捕獲器に2匹が入るなんて珍しいことも(笑)

 

 

 

捕獲器を置かせてもらった倉庫内。 みんなニャーニャーないてます。

 

怖いんだろうな・・・

 

無事に手術終了して早くリリースしてあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日までにあと何匹入ってくれるだろう?

 

とにかく初日は大成功で終了でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26日朝。

 

結局、6匹追加で最終的に捕獲頭数は18匹になりました。

 

良かった。

 

 

 

猫達はAM8時にいわきのリスタさんへ搬送。

 

いながき先生に不妊虚勢手術をお願いして楢葉に移動しました

 

夕方の受け取りまでは楢葉の給餌活動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26日午後。

 

楢葉での給餌活動後はいわきに戻り、手術が済んだ猫達の受け取りでした。

 

みんな無事手術終了。 安心しました。

 

 

 

しかしビックリしたことが。

 

なんと18匹の内訳は、オス6匹、メスが12匹!

 

TNRがあと少し遅れればかなり危険な状況だった(汗)

 

まぁ、それを考えれば今回は大成功なのですが・・・

 

 

 

しかし今回捕獲器に入らなかった子達がまだたくさんいるんです。

 

画像上の2匹もそう。

 

まだこのエリアは10匹近くやならければならないです(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広野町も楢葉と同じで高齢の方々ばかり。 そしてお一人の方も多い。

 

とても寂しい日々の生活の中で犬や猫の存在が支えになってる。

 

しかし動物が増えてしまうことには、どうしていいかわからない不安も抱えていたそう。

 

だから今回の活動、広野の皆様に本当に感謝されました。

 

この段階で広野猫達のTNR出来て良かった。

 

 

 

広野町の第一回目TNR活動。

 

いつもご支援して頂いている皆様。 初めて今回ご支援して頂いた皆様。

 

車中泊で頑張ってくれたもふなさん。

 

福島でボラ価格で手術をして下さるいながき先生。 いわきのリスタさん。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

今回で支援金残高がゼロになりました。

 

しかし楢葉の給餌活動、広野猫のTNRはまだまだ続きます。

 

広野猫TNRは、予算がある程度集まり次第、第二回目を行いたいと思っています。

 

 

これからも福島残された猫の活動、応援ご支援宜しくお願い致します。



 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢


被災地福島県広野町の猫達のTNR 月末まで引き続き応援よろしくお願い致します!

ネコネコさんより。
https://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12369048362.html

 

 

 

ジブリの世界のような美しい風景の中にたくさんのニャンコ達。

 

原発避難地域という大きな試練を、優しい住民さん達の力で乗り越えて来たニャンコ達。

 

しかし動物は増え続ければ 不幸 になるだけ。

 

福島県広野町の猫達のTNR。 現状を知ってしまった自分が頑張らなければ。

 

今月末に第一回目の大規模TNRを予定しています。

 

しかし 予算 が大きく不足しています。

 

本当に恐縮ですが、引き続きご支援、情報拡散での 応援、よろしくお願い致します。

 

 

※ 活動収支報告は月末、もしくは翌月の上旬にこちらのブログで行っています。

 

 

 

 

 

 

【福島猫助け(月3回現地入り活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、協力していただけそうなことがあればご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR