イルカ漁捕獲枠2種追加へ 太地町ではよろこびの声 水産庁が省令改正の方針

紀南新聞からです。

http://www.kinan-newspaper.jp/?p=9453


イルカ漁捕獲枠2種追加へ 太地町ではよろこびの声 水産庁が省令改正の方針

2017/5/12


photo[2] 



現在日本で9種類の捕獲が認められているイルカ漁業の鯨種が、2種増える見通しであることが11日、水産庁などへの取材でわかった。同庁では、漁の許可に関する省令の一部改正に対するパブリックコメント(意見公募)を先月15日まで実施。集められた意見をまとめ、今月中をめどに開かれる水産政策審議会での審議を経て、正式に決定する方針を示している。

 水産庁によると新たに捕獲枠に認可されるシワハイルカ(皺歯海豚)とカズハゴンドウ(数歯巨頭)は世界中の温暖な海域に棲息している種類で、日本の沖縄から関東までの南方海域でも数多く生息している。


 現在イルカ漁業(突きん棒漁・追い込み漁)で捕獲が許可されているのはバンドウイルカやハナゴンドウなど9種類。いずれも国際捕鯨委員会(IWC)の捕獲規定の対象外となる歯鯨(ハクジラ)に限られており、国が定めた捕獲枠に沿って各自治体が認可を出し、漁が実施されている。


 資源量調査などを基に水産庁が発表した日本周辺海域における資源量は、シワハイルカ5483頭、カズハゴンドウ5万8889頭(2014年現在)とされており、これらの数字をもとに算出された許容捕獲頭数はシワハイルカ46頭、カズハゴンドウ704頭となっている。


 今回の追加認定について水産庁は「持続的な利用を行うのに十分な資源量があることが確認されており、漁業者等からもこれらの鯨種の漁獲枠の設定について要望が相次いでいる」と理由を説明。資源管理部国際課の担当者は「パブリックコメントでは、ぜひ追加をという声が大多数だった」とコメント。「われわれは他の水産物と同じように、漁業者から要望があるものに関して調査の上、認可している。イルカ自体は日本沿岸に回遊しており、量的なめども把握できたので今回の追加認定へと至った」と語る。


 追加予定の2種は沖縄県と和歌山県を中心に捕獲枠が振り分けられ、太地町では今期の追い込み漁(9月〜4月末)から捕獲される見通しとなっている。


■「鯨の海構想へプラス」
 この決定に対し、全国で唯一イルカの追い込み漁を行う太地町の関係者はよろこびの声を上げている。


 漁を行う太地いさな組合幹部は「これまで販売対象となっていない種類だったので、追加により漁がどう変わっていくのかが楽しみ」とコメント。追加予定の2種は出漁中によく目視しているといい、主にシワハイルカは生体として、カズハゴンドウは食用としての捕獲を想定しているという。


 追い込み漁で捕獲される全7種を飼育している太地町立くじらの博物館では、新たな種類の飼育展示に意欲をみせる。同館の桐畑哲雄副館長は「現在7種類の鯨類を飼っているが、それぞれの特性を生かしたショーを心掛けています。今まで飼えなかったイルカを飼うチャンスを与えてもらえてうれしい」と語る。また、「世界的にショーで人気がある2種(バンドウイルカ・カマイルカ)で飼育が止まっている傾向がある。イルカという動物のよさを知るという意味では、われわれは他の種類をもっと紹介していきたい」との飼育方針を示し、「鯨の学術研究都市」を目指す同町の中心施設として、さらに飼育展示の充実を目指していく構えだ。


 三軒一高町長は「太地町としても非常に喜んでいる。種類が増えることによって裾野が広がり、町が進める鯨の海構想のプラスにもなる。反捕鯨の批判が厳しい中、科学的な根拠に基づいて枠を拡充していただいた国に感謝している」と話した。



~転載以上~



世界的に、イルカやシャチの捕獲や飼育、娯楽への利用を禁止する動きが広がっている中で、新たに捕獲枠を追加しようという…







スポンサーサイト

自分の本気度も試される悪天候の中の活動 昨日の福島活動報告

ネコネコさんより。
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12274635478.html


 

 

皆様いつも応援ご支援本当にありがとうございます。

 

昨日も福島でご飯を待ってる猫達にたくさんのご飯を届けることが出来ました。

 

昨日は全国的に雨のようでしたが福島もかなりの降水量。

 

自分も活動中は全身びっしょりになりました(涙

 

そしてこんな日は人も見ないし猫もいない。

 

東京から約3時間かけて行って、ただひたすら孤独の中の作業になります。

 

まぁ、現地には週に1~2度のご飯を待ってる子達がいるのですから休むわけにはいかないですね。

 

動物の為の活動、自分の本気度も試されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動報告用に撮るものも雨しかありません(笑

 

雨 雨 雨・・・

 

雨の西麻布。 じゃなかった、雨の楢葉町です。

 

毎年のことだけど、これからの時期はこんなことが多いんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この日会えた子はこの子だけ。

 

この子もびっしょり。

 

風邪ひかないようにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し雨に濡らしてしまいましたが、なんとかフードを各給餌場に補充終了。

 

雨が止んだらニャンコ達にたくさん食べてもらいたい。

 

それでは東京に帰ります。

 

こんな地味な活動ですが、 残されたニャンコ達の幸せ の為に、月1(2カ月に1回ペースでも)でも参加出来る方募集中です!

 

ご連絡お待ちしています。

 

※ 活動資金も今月は少し ピンチ です。 もしよろしければ応援よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】

 

 

● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル

 

● 他銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018

 

【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル

 

 

【福島猫助け活動 活動協力連絡先】


 
現地の活動、後方支援、何か協力していただけそうなことがあれば一度ご連絡下さい。
 
090-4833-2694 高沢

なうに投稿した記事 4/24~5/14

いつもご訪問いただきありがとうございますカナヘイうさぎ

なう だけでアップした記事のご紹介です。



★動物保護の業務を集約 「福島県動物愛護センター」施設公開 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00010012-minyu-l07



★<こにゃん市長選>「ジュリアーノ」再選 殺処分ゼロめざす https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000013-mai-soci



ペットショップ火災 犬や猫など26匹救出 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170424-00000021-nnn-soci



★ペット12万匹どこに避難 居場所確保に課題(静岡) http://www.sankei.com/region/news/170425/rgn1704250033-n1.html



https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170426-00000052-jnn-pol 新復興相の吉野正芳氏は、かつて警戒区域の家畜の全頭救出・終生飼育を求め、国会で質問をしてくださった方でしたね。



★違法わな「トラバサミ」犬猫被害相次ぐ 「人も注意を」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000016-asahi-soci



日向で犬猫譲渡会 野良猫の殺処分を減らすためボランティア団体が企画 /宮崎 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000071-minkei-l45



★ペット霊園が突然閉園 飼い主激怒 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00356362.html



★日本の保護犬猫のために ピースワンコジャパンへの公開質問状 https://goo.gl/oJDlGa◆PWJからの回答と、それに対する私たちのコメントを掲載しました https://goo.gl/uWQxh7



★海きららイルカ繁殖に挑戦へ 2頭 GWでいったん見納め 追い込み漁批判 背景に https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00010002-nagasaki-l42



★下半身のない猫の死体/兵庫・加古川 http://ameblo.jp/cat-operation-net/entry-12269685186.html



★子ネコの授乳に力添えを 県がボランティア募集(千葉県) http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201704/CK2017043002000180.html



★高知市でペット店火災 犬猫など26匹運び出す 救急隊員がやけどをした犬に酸素マスクを着けたり、すすをかぶった子猫をタオルで拭いたりした https://www.kochinews.co.jp/article/94608/



★埼玉でカラス大量死 パンから殺虫剤の成分 http://www.news24.jp/articles/2017/05/02/07360490.html



病気を持つ子犬が売られていく…激安ペットショップで多い購入後のトラブル http://news.livedoor.com/article/detail/13016009/



★<東京都>肉食獣の生餌のウサギは東京実験動物(株)から http://animals-peace.net/zoo/tokyozoo-food.html



★「志村どうぶつ園」で紹介、「セカオワ」「マエケン」も支援 “殺処分ゼロ”でふるさと納税8億円を集めるNPOの嘘 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170509-00521135-shincho-soci



「脱ペットショップ」 犬や猫の販売をやめ、保護犬・猫の譲渡を事業に 千葉の会社の挑戦 http://sippolife.jp/article/2017050800001.html



栃木市、犬猫の不妊手術に補助金 申請期間を長期に設定 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20170510/2685829



【動画あり】子猫のミルクボランティア講習会 NHK首都圏ニュース http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170508/5979151.html



環境省が推進中の「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」~平成29年度のモデル事業16種概要 https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/project/model.html



生きた猫を使ったクレーンゲームに小倉キャスター「動物虐待」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000060-sph-ent



海老名市が野良猫対策本腰  不妊・去勢手術へ補助開始(神奈川) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00017724-kana-l14



福岡市動物愛護管理センター 新たな飼い主との出会いの場、広く周知 HPに犬猫譲渡会ページ開設 https://mainichi.jp/articles/20170510/ddl/k40/040/541000c



<円山動物園>テナガザル「グレコ」死ぬ 寄生虫感染か https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000013-mai-life またこちらですか…



3年連続殺処分ゼロ達成 神奈川県動物保護センター、イヌとネコ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000017-san-l14



「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン http://withnews.jp/article/f0170512004qq000000000000000W00o10101qq000015199A



穂谷にあるひらかた動物霊園がペット霊園「宝塔」の納骨と供養の受け入れを表明。利用者の意見を募集中 http://www.hira2.jp/social/pet-20170511.html



密室の出火、犬のしわざ? 前脚でコンロ「長押し」か http://www.asahi.com/articles/ASK5C3D9LK5CUTPB002.html



熊本被災犬 夫婦癒やす 雲南の飼い主と元気に生活 http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20170511-OYTNT50186.html



津に県動物愛護推進センター 犬・猫の殺処分ゼロ目指す https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000042-san-l24


「捨て犬・猫問題」テーマに広告募集 新聞協会

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/entertainments/news/170512/ent1705120001-n1.html


「捨て犬・猫問題」テーマに広告募集 新聞協会

2017.5.12 00:14


日本新聞協会は、プロ・アマを問わずに独創的で斬新な広告を募集する平成29年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」を実施する。18年度以降実施しており、今回は12回目。テーマは「捨て犬・捨て猫問題」で、応募期間は7月19日~8月2日。


 作品サイズは縦51・1センチ、横37・8センチで、底辺から6・8センチは空白にする。最優秀賞(50万円)、優秀賞(10万円)、コピー賞、デザイン賞(各5万円)が1点ずつ、学生賞(3万円)が数点選ばれる。


 10月上旬に新聞協会のホームページなどで発表し、表彰式は10月20日の「新聞広告の日」記念式典で行われる。問い合わせは新聞協会広告担当、(電)03・3591・4407。



~転載以上~



以下、新聞広告クリエーティブコンテストより一部転載。

http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2017.html


新聞広告クリエーティブコンテスト

2017年度募集要項


テーマ:捨て犬・捨て猫問題

 新聞協会広告委員会は、今年も全国の若手クリエーターを対象に(プロ・アマ問いません)、新聞広告クリエーティブコンテストを開催します。


 今年度のテーマは「捨て犬・捨て猫問題」。独創的で斬新な、新聞広告の可能性を広げる作品をお寄せください。入賞作品は、新聞協会が広告主となり、全国の新聞に掲載されます。

 このコンテストは、2002~05年度までは「『新聞広告を広告する』新聞広告コンテスト」と題して実施していました。06年度からは新聞広告のクリエーティブ強化を目的に、年度ごとにテーマを設定して実施しています。



2017koukoku_contest.jpg



~一部転載以上~



募集要項について詳細は、コンテストのサイトをご覧ください。

http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2017.html

母牛が命をかけて守った「いちご」

※閲覧注意の画像があります。


もーす (太田康介)さんからです。

http://uchino-toramaru.blog.jp/archives/15453942.html



希望の牧場
                                              
                                           
                                            
そこで暮らす二頭のホルスタイン牛

その一頭に「いちご」と名付けられた牛がいます








l8397


2015年撮影




いちごは2011年7月に保護された

乳牛になるホルスタイン牛の女の子








l0690



彼女がいた場所は

死臭漂う南相馬にあった牛舎







l0675



いちご以外の牛たちはすべて餓死していて







l0681



いちごは亡くなった母牛のそばを

離れないで生きていたのです 







l0705



皆さん想像してみてください




いちごが生まれたのは震災後の

3月15日 といわれています

15日生まれだから いちごと名付けられました



ということは

彼女が生まれた時には

すでに人間は逃げてしまっていたということ

ある程度の餌は畜主さんが置いて行ったにせよ

餌をすぐに食べつくしてしまったであろう母牛

すぐにやってくる苦しい飢餓

それでもいちごにミルクを与え続けたでしょう

死ぬまで・・・




「わたしはもうだめ」

「あなたは生きなさい」





映画やドラマの中ならクサイ台詞です

しかしここで母牛は

本当にいちごにそう伝えたに違いありません




想像してください

一頭の牛がラッキーにも生きていた

そんな簡単な話じゃないのです

分かったような気にならないでください





私が目撃した牛舎は餌がなくなっても

水があれば約3週間は生きていた牛がいました

いちごが母親と一緒にいられたのは

長くてもほんの3週間以内



母牛が亡くなりおっぱいを貰えなくなったいちごは

なんとか自力で動けるところまで成長していて

牛舎の横に流れる川で喉を潤し

周りに生い茂っている草を食べて生き延びたのです

でも母親のそばを離れることが出来なかった

なぜか起きてこない母親

腐りウジが沸き 形が無くなっていく母親

それでも5ヶ月間いちごは一緒にいたのでした







l1478



やがて希望の牧場チームがレスキューに

いちごはこの時初めて人間を見ました


逃げ回るいちご

でもとうとう部屋の隅に追い詰められてしまいます








l1499


助けてやるぞ!


でも いちごにはそんなことは分かりません









l1514


見たことのない人間に囲まれて

たいそう怖い思いをしたでしょう



この時は おーあみさんも一緒でしたね







l1524



希望の牧場に移動





l1562

 


ほんの7、8分で希望の牧場に到着







l1572




小さかった いちご

まだ人間が抱かかえることができていたのですね 







l1580

 


トラックから下ろされて

いちごはすぐに放されました

ここで皆と生きていくんだよ


自分と違う毛色の黒毛和牛が怖くて

このあと数日行方不明になるも 

勇気を出して自力で再度合流






そして現在


 




l9126

 
4月30日撮影



こんなに立派になりましたよ

母牛が命をかけて守った いちごだから

希望の牧場はその遺志を継ぎました



ただの一匹の牛が生きている

その生きるということ 生かすということが

どれほど大変なことか

それをもう一度考えてみませんか









l8343



俺はベコ屋

牛を生かすことが仕事だ





今日も310数頭の牛を生かし続ける

吉澤正巳 希望の牧場代表
 







プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR